FC2ブログ

行政書士会支部の暑気払いに参加、今や組織も大きく盛り上がる

 7日午後6時から、行政書士会東入間支部の暑気払いに参加しました。私が所属している支部は埼玉県富士見市、ふじみ野市、三芳町(入間郡)の2市1町をカバーしています。
 そんな事情から、集会がふじみ野市で行われる時はふじみ野市長に、富士見市の時は富士見市長に来会していただいているようです。この日は鶴瀬駅に近い和食料理の店。ここは富士見市ですので、この日は富士見市長が来られて、最後まで付き合ってくださった。

 私が入会した20数年前、当時の支部の所属会員は30名程度だったと記憶しています。そのころ、入会はしたものの、年に何回かの集会では年長の役員がそっくり返っているだけで、行政書士の勉強会もない。そのうち集会に出なくなる人たちが多かったように思います。
 やがて新しく入会した若い人たちの中で、勉強会を発足させようという話が持ち上がった。ちょうど古参幹部が入れ替わる時期とも重なり、あとに残ったメンバーに彼らを応援しようという機運が出てきていたと思います。

 若い人たちが「実務研究会」と名付けた会を立ち上げ、実務に役立つ勉強をしようという動きが始まった。何とか彼らのたすけになりたいと考えた私は、第1回実務研究会で「相続問題」の講師を買って出た。
 その東入間支部が、今は登録人数も70余名になったとか。弱小支部が、埼玉県で有数の支部に成長した。「後生畏るべし」と言いますが、若い人たちの情熱には目を見張るものがあります。

 私はメールの送受信にはPCを使っています。スマホは電話と写真専用です。昔からメールにはPCを使用していましたから、ガラケーからスマホにかわってもメールはそのままでした。
 当日昼間、支部長から「村岡先生の参加が白紙になっているようなので、驚いて電話しました」と。私はいつの間にかPCのメールチェックがおろそかになっていたのです。暑気払いの集まりは気が付かなかった。

 「9月いっぱいで社労士も行政書士もやめようと思うので今日、参加して皆さんに挨拶したい」
 突然の話に支部長も驚いていましたが、「そういう事情でしたら、ぜひ皆さんにお話ししてほしい」ということになった。
 会員へ別れの挨拶も済ませ会が終わった別れぎわ、大勢が「やめても事務所に顔を出してください」と、握手を求めてくれたのは感動でした。

 実は埼玉県社労士会、埼玉県行政書士には、まだ退会の手続きを進めていません。盆休みが終わったころに、手続きを始めようと考えています。どちらを先にするべきか私は知りませんが、月を単位に考えると同時進行になるのでしょうか。

行政書士東入間33

行政書士東入間22

行政書士東入間11
熱気漲る埼玉県行政書士会東入間支部の暑気払い。上の写真は
挨拶に立った富士見市市長

社労士等の業務をやめます。早ければ9月、遅くとも今年中に

 突然ですが、皆さまは何歳ぐらいまでご自分の仕事を続けられるのでしょうか。私は社会保険労務士と行政書士をやっています。自営業ですから、いつ辞めるかは自分で判断するしかありません。
 実は私は来年傘寿を迎えます。私より年長の社労士で、まだ現役でやっている方が大勢いらっしゃいます。しかしいずれ辞めなければならないなら、自分の場合、それをいつにするかが大事だと日頃から考えていました。

 結論から言いますと今年の9月、あるいは12月を目途にやめようと決心しました。
 もし、来る日も来る日も社労士業務に追い回されていたら、ついつい「辞める」という発想に至らなかったかもわかりません。ただ私の場合は、妻が8年有余前に重篤な脳出血を患いました。2ヵ月余の東京警察病院への入院、上尾の国立リハビリ病院へ通院2年、錦糸町の某QOL研究所へ2年、という長い療養生活でした。

 現在も時々発作が起きて救急搬送されることがありますが、ある程度は落ち着いて、自分のペースで好きな仕事をやり、旅行にも行けるまでになっています。
 しかしいつ発作が出るかわかりませんので、1人にしておく時間をできるだけ短くしてきました。私が国内外の旅行へ行くときは連れて行きますし、妻が仕事場のスタッフを連れて台湾、香港・マカオ、箱根などへ行った時も、私が旅行の企画をし、同行しました。

 そんな状態ですから、社労士会や行政書士会の定例会もほとんど欠席し、年会費を納めるだけでした。
 決心すると案外さっぱりしたもので、江戸っ子ならさしずめ「大川でケツを洗ったようだ」というのかもしれません。(私は江戸っ子ではないので、そんな言い回しはしませんが)
 もっと早くと思っていたのですが、惜しんでくれる得意先もあり、少々遅くなりすぎたように思います。

 中には「わが社を含めて、どうしてもというところだけでも続けては」と言ってくれるところもありました。ところがこの仕事を、「業として」行うには登録していなければいけない。そのためには社労士会、行政書士会に所属し、その会費及びその支部費を支払はなければいけない。これが20数万円です。
 「業として行う」というのは報酬を受けて行うことです。無料なら問題はない。しかし、「それじゃ、無料でやってくれ」という会社はありませんよ。私も無料でやるために、毎年20数万円払うわけにはいかない。

 ところでこのブログ、タイトルは「特定社労士の『ぼやき日記』」です。もし読んでいただけるようなら、月に4、5回でも書いていきたいとも考えています。ただし社労士ではなくなりますので、タイトルを何とするか。「無為徒食老人のボヤキ日記」とでもしましょうか。
 あんまりえげつない表現になってもいけないので、もしタイトルを変えて続けるなら、その時はお知らせして、以降もご覧いただけるようにお願いしたいと思っています。
 とりとめのない話になりましたが、皆様、どうぞよろしくお願いします。

熱気みなぎる行政書士会支部総会、懇親会ではT市長から激励も

 行政書士会東入間支部総会が、10日午後6時から上福岡駅から徒歩5分の「天七」で開催されました。天七は地元でかなり評判がいい天ぷら料理店ということで、以前、妻の母がすぐそばのマンションに住んでいたこともあり、何度か食事に行ったところでもあります。味は食べた方によって感想が異なるでしょうから、私の味覚を押し付けるようなことは控えましょう。

 この日は25人が参加、東入間支部総会としては大盛況です。私が入会した25年前、この支部の総会に集まるのは10人もいなかったと思う。年配の「偉い」人たちばかりで、仕事を知らない身として先輩に「教えを請いたい」と思っても、とうていそんな雰囲気ではなかった。あっ! 「モノ言えば唇寒し」と言いますから、この話はこれぐらいにしておきましょう。

 十数年ぐらい前からでしょうか、支部内に若い人が増え始めた。それまでは税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士などとダブルライセンスの人が多かった。行政書士業務にはそれほど力を入れなくても、ほかの士業で食べていける人が多かったようです。
 ところが行政書士試験に合格したばかりの若い人たちは、それで食べていかなければならない。支部内の連携も徐々に深まってきたようです。現在、これまでで、いちばんいい状態ではないでしょうか。

 そんな話はさておき、7時からの懇親会の準備に15~20分はかかる、という店側の要求で、総会は40分の予定で始まった。
 前年度の活動報告、収支決算、新年度の活動案、同予算案と順調に審議が進み、予定通り簡潔に総会は終了。
 この日の懇親会にはH市のT市長も出席して、行政書士面々の地道な活動が市政にも寄与していることを喜び、今後のさらなる活躍に期待を寄せた。

 私にとっては昨年、前立腺手術を行ってから初めての行政書士会の集会でした。M支部長から、「村岡先生の名前が出席名簿になかったので」と電話があり、親切にほだされて参加しました。
 昨年、私が手術・入院したことを知った支部長は、「知らなくてすみませんでした。支部からの見舞いです」と大枚を包んで差し出してくれた。知らせなかったんだから、知るはずはないのです。貧乏支部です(失礼!)。恐縮して受け取りを躊躇している私に、「規定ですから」と。
 久しぶりの参加でしたが、たいへん懐かく楽しい集まりでした。

30 5 10 行政書士会2
T市長も激励に駆けつけてくれた行政書士会の懇親会

30 5 10 行政書士会3

1年を回顧して? そんな大げさではなく仕事についてひとこと 

 私は社会保険労務士と行政書士をやっていますが、最近、仕事に関してブログを書いたことがほとんどないことに気が付きました。今年1年、全く触れていないし、その前もいつ書いたか覚えていません。
 5年前に女房が脳出血で倒れて以来、仕事を極力セーブしてきたこともあるでしょう。ほとんどが事業主へのアドバイスと手続き業務、いつも代わり映えがしないことが原因かもしれない。しかし年の最後にあたり、仕事のこともひとこと書いてみたいと考えました。

 行政書士は官公署に提出する一般書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理・代行、また相談などに応じます。その業務が、例えば弁護士、司法書士、税理士、社労士そのほか、業務独占資格が認められている士業が行うもの以外は行政書士ができるはずですから、「守備範囲」はものすごく広いのです。
 仕事の種類は3千とも1万ともいわれますが、正確なことは誰もわからないらしい。車庫証明や内容証明の作成、役所に提出する簡単な書類から入管業務(外国人入国・在留手続)や農地転用許可申請、宗教法人や学校法人の設立まで行うといえば、その広さがお分かりでしょうか。

 私は建設業許可申請(事業年度終了報告、更新を含む)や遺言・相続についても行っていますが、主たる仕事は社会保険労務士業務です。
 社労士としての私の仕事は、中小企業事業主の相談・指導(コンサルタント業務)、官公署への書類作成と提出が多い。官公署は日本年金機構(年金事務所)、公共職業安定所、労働基準監督署、それ以外にもいろいろあります。書類は決められたとき、また必要な時々に提出するものなどさまざまです。各種助成金の申請も行います。社労士業務も幅が広いので、専門分野を決めている人もいます。

 私は旅行が好きで、外国へ行くことも結構ありました。そんなとき、一番気になるのが、もし留守の間に顧問会社で労災事故があったらどうするか、ということです。労災病院への転院などは後でできないことはありませんが、いざというとき相談する社労士がいない心細さを味わわせてはいけないと思っています。事故は運転手や工事に携わる者だけではありません。事務職でも銀行に行く途中で事故にあうこともある。通勤時の事故も労災の分野です。これは社労士業務をやる者の責務です。
 そこで前もって懇意の社労士に頼み、顧問先にも私が不在のあいだ責任をもって処理してくれる社労士の名前と電話番号を伝えて出かけていました。決して年金事務所や安定所へ書類を提出するだけが社労士の仕事ではありません。

 なんだか七面倒臭いことを書き連ねてしまいました。今年少しは記憶に残っている仕事と言えば次の3件ぐらいでしょうか。

 今年6月18日、東京都某区役所職員から私の妻の父親が死亡したことを知らせてきました。幼いときに父母が離婚し、妻は母に引き取られて育ちました。義父は再婚して幸せな家庭を持ったようですが、後添いに先立たれてしまった。住んでいた区営住宅が建て替えになるのを機に、ケアハウスに入居しました。その区職員は、前後のいきさつから簡単な葬儀も済ませてくれたという。90歳でした、荷物の中に我が家の電話番号があったらしい。

 あるはずの何百万円かの現金も手許にはなかった。後添いの子供から、「墓を建ててやるからと言われて貸した」と、妻が本人から聞いたことがあるが、そちらへ使われているなら大いに結構だと思います。養子縁組をしない限り彼らに相続権はない。しかも相続人の妻や妹は何にもしてこなかったのだから。「妻と妹に相続放棄をさせたほうがいいのでは?」と思ったのですが、職員は「そこまでしなくても」という意向のようでした。ところがしばらくして、「ケアハウスで未払い金があると言っている」との連絡を受け、後々を考え相続放棄の手続きをすることになりました。これは行政書士の仕事です。ただし無料の…。

 相続放棄の申述人は妻とその妹です。T県在住の妹に、申述書に記入して戸籍謄本とともに急ぎ郵送するように伝えました。用紙は家庭裁判所に行けばもらえるし、書き方がわからなければ教えてくれるから、と。
妻と妹が父の死亡を知って3ヵ月以内に相続放棄をしなければ、父の遺産はプラスもマイナスも相続することになります。8月8日に義妹からの書類が届きました。9月17日までに手続きをしなければ単純相続となります。もし書類の不備があり、送り直させたりして間に合わなければ困る。

 8月10日、妻を連れて義父の本籍があった役所に行き除籍謄本を、そのあと住民登録をしていた市役所で住民票を取得。家庭裁判所へ行って2人の相続放棄申述書を提出しました。
ここで注意しなければいけないのは、本人の委任状をもらっておけば、たいていのことは代理できるのですが、裁判所ではダメ。代理人になれるのは弁護士だけです。後日、「相続放棄申述受理通知書」が送られてきて1件落着。

 また11月9日に、私が業務を受託している会社のうち3社に、日本年金機構の総合調査が入ると連絡がありました。事業主には年金事務所に持参する帳簿や書類と時刻が指定され、「委託社労士がいる場合は代理でも可」と通知がありました。2社からは直ちに「先生、お願いします」と依頼がきました。「立ち合い」ではない、代理で解決してきてほしいというのです。年金機構から私へきた連絡には3社名と30分おきの時刻が指定されていました。

 年金機構が何を調査したいのか、また徴収の時効が2年ということなどは承知しています。1社は労働者名簿、出勤簿、賃金台帳をきっちり管理しているので電話をして先方にお任せ。2社については私が代理をすることになりました。
 社員がいるのに出勤簿をつけていない会社、給料が上がったのに月額変更届を出していない会社(というか、私に連絡がなかったのです)。月額変更届はさかのぼって訂正、算定基礎届も訂正です。作成していないが、どうしても必要な書類は急きょ作らなければならない。当日の調査も、1社で30分なんてとんでもない。急いだのですが結局2社で2時間かかった。担当官の方、ご苦労様でした。
 今回は何とか済みましたが、監督署の調査が入ったら大変ですよ。ことに1社の大きい問題点も分かりました。

 そのあと暮れも近づいた12月12日、浦和のさいたま共済会館で約4時間、社労士倫理研修がありました。私が社労士になったころはなかったのですが、10年ほど前から始まった制度で、5年に1回参加が義務付けられています。私は2回目でした。都道府県倫理規定も変わることがあるし、新旧社労士に社労士倫理を徹底しなければいけないということでしょうか。これも業務のうちだと納得しています。

 今年も仕事上は、取り立てて面白い話はありませんでした。つまらない話で申し訳ありませんでした。いよいよ本年も残すところわずかです。皆さま、よいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いします。

FullSizeRender_201512271137124a8.jpg
家事審判事件受付カードと相続放棄
申述受理通知書

政府が介入すべきことか、「年功序列賃金見直し」に疑問

各新聞報道によると来年の春季労使交渉では、年齢とともに賃金が上がる「年功序列賃金」の見直しが焦点の一つになりそうだという。デフレ脱却に向けて賃上げを重視する安倍政権が、日本型の賃金・労働慣行を見直して若い世代の賃金を手厚くすべきだと問題提起したためらしい。

年齢や継続勤務年数で給料が上がっていく年功序列の賃金制度は、終身雇用と共に日本独自の制度です。年功制度は法律で否定されていることではない。労働生産性に見合った給与に替えるとなると、どうしても長年勤めた社員の給与が圧迫されることになる。あるいは早期退職を望まざるを得なくなってくる。

安倍晋三首相は経済界、労働界の代表と賃上げなどを協議する政労使会議の今年2回目の会合を首相官邸で開いた。同会議では、年功序列の要素をなくした賃金制度導入の日立製作所、ポストに応じて給与を決めるパナソニック、成果型の賃金体系を導入したホンダの3社が自社の取り組みを紹介しらしい。

しかし日本の中小企業の割合は、少し古い資料ですが421万企業のうち99.7%。うち、小規模企業の割合は87%を占めるという。(日本標準産業分類)
働いている従業者の割合を考えてみます。4013万人のうち中小企業が69%、小規模事業の従業者は23%です。日本の経済はこの人たちに支えられているといっても過言ではないでしょう。

どうですか、ほぼ7割が中小企業・小規模企業の従事者です。大企業と中小企業は社員に回る賃金も大きな差があるのです。大企業の責任者の話を聞いてどれだけ参考になるか。中小企業の経営者は厳しい経済状態の中で、家族を含めた従業員の心配をしなければならない。
退職時には、退職金も支給される。退職金の支給は法律で決まっていることではないが、退職金規程がある場合はそれに従わなければならない。だから中小企業であっても、従業員は安心して勤めることができるのだ。日本の終身雇用制度の「良さ」をはなから否定するべきではないでしょう。

押し並べて、労働問題は何でも欧米を見習おうとしているように思えてなりません。押さえるところはしっかり押さえなければいけないでしょう。しかし何でもかんでも欧米と同じというわけにはいくまい。
賃金形態だけではない。給与の額も会社によって違ってくるのはやむを得ないところがあるでしょう。

例えば建設業を例にとってみましょう。大手ゼネコンが発注者から大規模工事を請け負う、これが元請けです。この工事は分割されて何社もの1次下請けに発注される。1次下請けはさらに仕事を分割して2次下請けへ。そのあと3次、状況によってはさらに下へと行くのです。
しかしその間、元請けから数次の下請けに行くまで、金額からそれぞれ自社の利益を確保して下請けに出している。ですから下へ行くほど請負金額は低下する。大手に伍す賃金を払っていては会社が成り立つはずはない。そもそも払う金が入らないのだ。

政府の責任者はどこまで実態を知っているのか。なにより賃金体系にまで政府が口を出すべきか、私は疑問に思います。個々の雇用現場、雇用形態、会社の規模などをよく尊重すべきでしょう。政府の勇み足が「角を矯めて牛を殺す」結果にならないように願うばかりです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR