FC2ブログ

かつて辺野古移設を決めた枝野氏、今なぜ安倍政権に責任転嫁するのか

 (前回の続き)
 ただ党首討論の最後に、日本維新の会の片山虎之助共同代表が述べました。
 「もう時間がありませんが申し上げます。年金についてね、野党も非難するだけじゃダメなんですよ。具体的な提案をしないと。具体の建設的な論議をしないと、そりゃダメなんですよ。我々は検討してますから、みんなで議論すべきだと思います」
 彼が改めて野党の姿勢にも言及したのが救いだった。

 ところで枝野氏や国民民主党の玉木雄一郎代表は、2009年から2012年まで3年間、政権に就いていましたね? 年金にそんな問題があるなら、なぜその時に解決しておかなかったんでしょう。 野党は「消えた年金騒動の夢よもう一度」と頼んで政権攻撃の目玉にしようとしたのでしょうが、しょせん無理だよ。

 民主党は、沖縄米軍施設を「最低でも県外」と公約して、沖縄県民をあおり政権交代したが、結果として公約を実行できずに、辺野古移転を鳩山政権で閣議決定した。
 2010年5月、「日米両国政府は、普天間飛行場を早期に移設・返還するために、代替の施設をキャンプシュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置する」と。

 枝野氏は鳩山内閣で行政刷新担当大臣を担い、辺野古移設に賛成したが、現在その責任を安倍内閣に押し付けている。逃げるにしても異常でしょう。こそこそ逃げるのではない、自分の「やってきたこと」を、そのまま安倍政権に責任転嫁する。こんな姑息なやり方は国民の理解を得られるはずがない。ひとことで言えば、卑怯卑劣な遣り口だ。
 このことを枝野氏に質問すると、「立憲民主党は新しい政党であるから問題ない」という認識であったという。(宇田川敬介氏=ジャーナリスト・作家の記事から)

 要するに、彼は「前言に責任を持てない人」なのです。その「前言」に賛同して1票を投じた人もいるのです。考えが変わったなら、少なくともその考えに至った経緯を国民に明らかにする責任がある。
 ところが今回、当時の首相であった鳩山氏が「辺野古を諦め、別の解決を求めるべきだ」とコメントしたことには、驚きを通り越して開いた口が塞がらなかった。

 天皇制にも現時点においては反対しないが、将来は「国民の総意」(憲法第1条)に委ねるというのは誰か。選択的夫婦別姓制度の実現を実現しようするのは誰か。必死に外国人参政権を実現しようとするのは誰か。
 マニフェストに背く政策を行いながら、(党名が変わったからといって)「新しい政党だから問題ない」と開き直るのは誰か。

 総選挙(衆議院)、通常選挙(参議院)の時まで、私たちがしっかり記憶しておかなければいけない問題です。(おわり)

党首討論、解散を恐れてか自民党を追及できない野党の体たらく!?

 安倍晋三首相と立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党首は19日、今国会初で1年ぶりとなる党首討論を行った。野党各党首は、「老後に夫婦で2000万円の蓄えが必要」と試算した、金融庁金融審議会の報告書を取り上げて首相を追及。首相は「大きな誤解が生じた。違和感を持った人もいる」と釈明した。
 枝野氏は「安心ばかりを強調して実態と向き合わない姿勢がある」と政権を批判した。

 ただ、およそ50分の討論の大半が、2000万円問題に費やされた。これほどつまらない党首討論がまたとあろうか、というのが正直な感想だった。
 本来なら自民党政権を叩きにたたいてやろうと、4野党が手ぐすね引いて待っていたはずだ。ところがその内容はまったく精彩を欠いていた。ことに枝野氏は討論の中身を2000万円問題に特化した様子で、聞くに堪えない内容だった。

 野党党首は年金問題の認識を政府に質したり、報告書を受け取らないとする姿勢を批判する一方で、「批判一辺倒」だとする指摘に配慮した質問もあったようだ。
 あんまり追及すると「それでは解散して民意を問いましょうか?」といわれるのを恐れたのか、安倍首相への追及は尻切れトンボに終わり、党首同士が丁々発止の「論戦」を展開するかと期待していた身としては、何のために心待ちにしていたのかと心底落胆した。

 これじゃ予算委員会の質疑と何ら変わるところがない内容だった。
 だが考えてください。2000万円問題で、果たして政府を追及できますか。「老後に2000万円かかる」といったことに噛みついたところで、「それなら1000万円で済むように生活設計を立ててください」と言われたらそれまででしょう。
 さらに言えば、知恵を働かせると少しはアイデアも浮かんでくるのではありませんか。

 一例を挙げるなら、リバースモーゲージです。自宅など不動産を持っている人は多いでしょう。「持ち家のある高齢者が、その家を担保に老後の生活費などを一時金または年金形式で借りられる貸付制度」のことです。死亡した後、その不動産を売って借金を返済してもらう方法です。
 ただし私が知った時点での知識では、相続人の同意を得なければいけなかったと思う。

 でも問題ないでしょう。自分の甲斐性で買った家なら、相続人に同意を求めればいいではありませんか。
 同意しないなら、「それでは今後必要な金銭を用意できるか」と脅かしてやればいい。自分が買った家を、自分の老後の資金にする。何の遠慮がありますか。
 場合によったら、売り払って(その場合借家住まいになるでしょうが)現金化するものひとつの方法かも。さらに現金は少なくても、国債や社債を持っていないのですか? そう考えると、2000万円なんか騒ぐほどのことではないかもしれない。(つづく)

やっぱり小川菊の「うな重」だ! 「きも焼き」も格別でした

 一昨1日、川越の小川菊(おがぎく)にうなぎを食べに行ってきました。昨年はたしか2回しか行かなかった。1回は女房と、もう1回は高校の同級生が川越にやってきた時でした。
 先日クルーズで四国・高知県へ行った折、OPツアーで四国・四万十川へ行きました。その帰り、思いがけなく天然うなぎを食べることができた。

 四万十市は昔、中村市といっていたそうで、町で天然うなぎを食べさせていたらしい。タクシーの運転手の話では、町に2本の川が並流していて、片方の川が濁っていて、もう一方は水がきれい。濁った川が多くうなぎが獲れた。
 濁った川で獲ったうなぎを、きれいな水の川で1週間ほど生け簀に入れ、そのあと料理したという話でした。
 天然うなぎを食べたとき、それなりのうまさは確かにあった。しかし以前の体験の域を出ず、皮は固く、イマイチだった。味を確認していたとき、ふと小川菊のウナギを思い出して、「ぜひ食べたい」というのが偽りない感想でした。

 いま家内は、「指圧の教科書」と題したDVDの制作に一生懸命になっています。クルーズから帰った翌日も仕事に出かけた。帰って1日ぐらい休むように言ったのですが、ナレーションを録音するためにスタジオとナレーターを予約してある、ということでした。
 ところが無理をしたからでしょう、「体調が悪い」というので、月末から3日まで仕事を休ませました。1日の朝、「朝ごはんどうしようか」というので「体調が悪いならやらなくていい。小川菊に行こうか」というと、「うれしい。元気が出てきた」というわけで、一発合意です。家内の仕事場に届ける物があったので、まず川越駅へ。

 そのあとタクシーに乗って仕事場へ寄り、そのまま小川菊へ。
 着いたのは開店の5分前、10時55分でした。これまでは、店の前に用意した予約用紙に名前を書いていたのですが、驚きました。受付のデジタル機器があり、それに入力すると「31番目」。最初の入店グループには入らないでしょうが、おそらくその次に…。待つことにしました。

 到着から45分待ちましたが、11時40分、ついに名前を呼ばれた。
 注文したのは「うな重上」と「きも焼き」、それから「うな巻き」。もちろん「ビール」は絶対にはずせない。きも焼きは材料が不足して頼めないときもあります。しかし確かにうまい。
 これだから待っても食べたくなるのですよね。

 今日は、とりあえず小川菊のうなぎが旨かった、という報告だけなのです。私はうなぎを論評できるほど食べてはいませんが、内心では川越でいちばんおいしいのではないかと思っています。2~3か月のうちにまた来れたらいいのですが…。


小川菊ア
開店前の小川菊、すでに40人ぐらいが待っている

小川菊c
うな重はいつも上。貧乏人は特上を頼まない

小川菊イ
きも焼きの旨さは言葉にできない
小川菊ウ
うな巻きも旨かった

「反日教育」を利用する文在寅の暴走、河野外相は対抗措置を急げ

 (前回の続き)
 前回書いた韓国の暴走は、ここ数か月の問題です。ことに文在寅が大統領になってからの韓国は、目まぐるしく親北、反日・反米に走っている。幼少時から反日教育を受けてきた韓国人は、「日本が悪い。日本が憎い」という気持ちを利用され、文在寅の手で踊らされているのでしょう。

 しかし河野太郎外相は、たしか「韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した問題で、韓国政府が賠償金の肩代わりを行う立法措置などを取らない限り、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する方針を固めた」と言っていましたね。この対抗措置は、その後どうなったのでしょう。
 韓国は「日本に何ほどのことができるか」とタカをくくっているのです。「日本が本気で怒ったら大変なことになった」と、韓国が震え上がるような対策を早くとってもらいたい。

 ICJで裁判を開くには紛争当事国の同意が必要となる。手続きには、次の2つの方法がある
 ①相手国の同意を経て共同付託する
 ②単独で提訴した上で相手国の同意を得る

 しかし①はもちろん、②も韓国は忌避するに違いない。 しかし日本が単独提訴に踏み切って、韓国があくまで提訴に同意しない場合、韓国はその理由を説明する義務が生じるのです。国歌間の約束をなぜ勝手に簡単に反故にするのか? 韓国の異常性を世界に知らしめるのも、大変大事なことです。
 河野太郎外相は、今回の韓国のやり口が国際法に照らしていかに不当かを英文にまとめ、在外公館を通じて各国政府やマスコミに周知徹底させてもらいたい。

 日本相手に不当なことをすると国際的にも孤立してしまう。益なくして害ばかりだ。これを身にしみてわからせない限り、韓国の「日本たかり」は続く。
 しかもたかり方というのは、ありもしないことをでっち上げて日本に賠償金を払わせる。その筋書きは日本人が加担していることが多い。こんな輩、罰する法を設けなければいけない。

 いずれにしても韓国全体が文在寅に踊らされ、親北、反日・反米に向かっていることは明らかです。韓国が「敵国」になる日は遠くないでしょう。日本は何をするべきか、対策を考えなければならない。
 韓国の国家予算は、日本の1割(2012年現在)です。その韓国の軍事予算は10年前には日本の5割だった(これでも異常に多い)。最近ではもう日本を追い越すところまで来ている。いかに軍拡に力を入れているかわかるというものです。その先に見据えているのは「仮想敵国」の日本であり、北朝鮮に経済制裁を科すアメリカなのは明らかです。
 ことに、今はまだアメリカに下手な手出しはできない。となると照準を日本に合わせている。日本に様々な問題を提起して、黙って耐えるのか、反撃するのか、見極めようとしているのではないかと私は思うのです。(おわり)

ついに花粉症デビューでしょうか? 結構つらいものですね

 花粉症というのは他の人の悩み事だと思っていました。私の幼少時代は、杉・檜をはじめいろんな草木に囲まれていましたから当然、抗体ができているという考えからです。
 つい先日も、やって来た倅と居酒屋で飲んだ後、希望を入れてカラオケに行きました。倅は1曲目を何とか歌ったのですが、その直後からくしゃみと鼻水で歌えなくなった。憎まれ口こそきかなかったが、「若いくせにヤワだな」とは思った。「ヘタレ」と言ったらもっとむくれたかもわからない。

 ところが一昨日の早朝、私は目の周りがかゆくてたまらず目が覚めた。「何かしなければ」と思い、目薬がある場所を探した。布団に戻り、横になって目薬を差していると、何か異変が起きたのか、と妻がびっくりして飛び起きた。
 その時、振り返ってみました。2週間ぐらい前から立て続けにくしゃみが出たり、鼻水がひどくなったりしていた。少し熱っぽい感じもあり、「風邪気味かな」と、簡単に考えていました。その以前に、目の周りがかゆかったことが何度かありました。

 この日の自分なりの結論は「花粉症」でした。医者に行ってもどうせだめだろう、と勝手に考えて放置していましたが、気になるので一応スマホでネット検索をしてみました。
 結果、花粉症も早いうちに手を打てば緩和できるという。目の痒さや鼻水に、目薬や点鼻液が結構有効だというのです。一度ホームドクターと相談してみましょうか。」

 私は今、前立腺がんを抱えています。どうということもないのですが、多少(わずか)は気にかかると言ったらいいでしょうか。でも、花粉症よりも「些事」ではないかと考えています。
 考え方はそれぞれでしょうから、もちろん私の考えを押し付けるつもりはありません。

 でも、この問題とは関係ないのですが、私は現在の医療の在り方についていつも納得がいかない気持ちでいることがあります。
 日本は、ごく重病人も少しでも長生きさせてあげよう、という優しい方針のようです。まことにありがたい。最後の最後まで、機械で命だけは長らえていただけるのですから。しかし、果たしてそれでいいのでしょうか。

 世界保健機関(WHO)が提唱している、健康寿命という考えがあります。今は寿命を延ばすだけでなく、いかに健康に生活できる期間を延ばすかに関心が高まっています。QOLを大事にするということですね。
 健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されているため、平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「健康ではない期間」を意味します。2016年において、この差は男性8.84年、女性12.35年だということを知りました。

 そうすると男性を見ても、日常生活が制限される健康でない期間が平均して9年近くあるということです。残念ですね。ただ命だけを長らえさせるのではなく、この問題を取り上げて厚労省や医療機関はどうあるべきかということにもっと取り組んでいただきたいのです。
 日本では胃瘻(いろう)という方法が多く用いられるようです。自分で食事を食べられなくなった人に、胃に入り口を設けて食物を入れてあげることです。

 ネットにこういうお話がありました。
「母85歳。認知症になって5年目。この2年間に誤嚥で救急車のお世話になったことが4回。窒息状態になり救急車が来るまでの間、家族で人工呼吸をして息を吹き返したこともありました。この半年間で誤嚥性肺炎で入院2回。主治医からは嚥下体操、飲み込みやすい食べ物、とろみをつけても限界状態と説明をうけ、胃ろうを勧められました」。

 ところで、以前何かで読んだ薄い記憶があります。フランスでは、自分で食べることができなくなった人には、原則としてそれ以上の方法は用いない、と。
 すべての胃瘻が問題だというのではありません。私の知り合いの婦人で、6年間意識もなく、胃瘻で生かされたまま旅立った人がいます。果たしてそれでいいのでしょうか。私はもっと深く考えていただきたいと思うのです。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR