FC2ブログ

脱北者のビラに北朝鮮が激怒、金正恩氏が出ないのは重病か?

 ブログの調子が悪くてしばらく投稿できませんでした。セキュリティの問題らしいのですが、突然管理画面に入れなくなってしまった。指定に従ってパスワードを入力したものの、それが間違っていたのか? PCデポに相談に行ったのですが、「FCブログに連絡を入れたので、PCに後ほど返事があるはずだ。それに従ってほしい」と。ところがFCから「パスワードか、ニックネームを」と。「これしか思い出しません」と送信したまま何日も放っておきました。すると「確認できましたので」とあり、何とか管理画面が出ました。苦労の結果、やっとやっと管理画面にたどり着きましたが、次うまく出来るかわかりません。とりあえず本日、新しい記事を書きました。よろしくお願いします。年をとると、こういう最新機器?は難しい。若い人にとっては苦もないのでしょうが(笑)。

 さて、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第一副部長が予告していた、開城(ケソン)工業団地内の南北共同連絡事務所の爆破強行は皆さんご存知の通りです。北朝鮮に太陽政策をとっていた文在寅政権の韓国に、大きな衝撃を与えたことは紛れもありません。
 連絡事務所は2年前の南北首脳会談での板門店宣言に基づき、その年9月に開設されたばかりの南北対話と和解を象徴する施設です。韓国の国家予算から180億ウォン(約15億8000万円)が投入されたが、北朝鮮はあっけなく破壊してしまった。
 そればかりか、南北軍事合意の破棄を宣言。開城工業団地と金剛山観光地区と非武装地帯に軍隊を展開すると予告し、引き続き強硬措置をとる構えを見せた。「ソウルを火の海にする」と脅した以前の発言を持ち出し、「火の海説が再浮上し得る」とまで主張したという。だがどういう風の吹き回しか、この軍事行動は保留になっている。

 南北境界線で金正恩と文在寅の2人が握手したときは訝しくはあったが、自由主義陣営に仇をなす厄介な蜜月関係が誕生したかと思った。しかし思ったより早い決裂でした。金与正は口を極めて文在寅をののしっている。
 「南朝鮮当局者の演説を聞くと、我知らず吐き気を催した」
 「南朝鮮当局者は何を誤ったのかを認めることもせず、目クソほどの反省もない」
 「図々しさと醜悪さが南朝鮮を代表する最高授権者の演説に垣間見えた」
 「漠然とした期待と残念さごときを吐露するのが『国家元首』が取る姿勢と立場なのか」

 口を極めて罵ったからといって相手がひるむものでもあるまい。しかも女性の発言としてはどうかと思うが、それほど韓国が憎いのでしょう。
 北朝鮮に白頭山(ペクトゥサン)という山があります。朝鮮には、民族の起源が熊や虎だという檀君神話という物語があります。神聖な山ということで金日成、正日、正恩はそこで生まれ、朝鮮の王になるべくしてなったと国民に思わせようとしている。もちろん事実は嘘八百。しかしそれを暴かれると、世襲の正当性が失われると恐れているらしい。
 脱北者の連中が韓国からアドバルーン(というほどのものではなく、風船といった方が分かりやすい?)にビラと1ドル紙幣2000枚を積んで北朝鮮に飛ばしたらしい。そのビラの内容と、それを取り締まらない韓国に激怒したらしいのです。ビラで白頭山で生まれたというでっち上げ話を暴かれたのか? あるいは祖父が、ソ連の労働者だったことまでさらされたのか? 選挙で選出されたのではないリーダーというのは辛いものだね! 金正恩の求心力はすでに落ちてしまったのでしょう。

 話はさておき、金正恩委員長は4月15日の太陽節にも顔を出さなかった。祖父の誕生日で、北朝鮮にとっては大変重要な日、出席しないことは考えられないのです。しかもその前後から今日まで、大きな集会に顔を出したことがないと思われる。
 金正恩氏は集会に出られないほど重病か、あるいは命に係わるほどの事態におかれているのではないかと私は考えています。小さい「視察」程度なら、以前の写真を回し使って新聞に掲載することもできる。今回の開城爆破に対しても、金与正が正面に出ている。
 あるいは後継者を決め体制が整うまで、金正恩のことをひた隠し続けるつもりなのか。もしそうならば、次はどんな展開になるのか。「開けてびっくり」という事態も想定しておくべきでしょう。

進むも退くもままならぬ韓国、いい加減に悪弊を断ち切ってもらいたい

 コロナ騒ぎが少し収まりかけたかと思うと、第2波が案じられる。ワクチンや特効薬が出来上がるまで、当分気の休まることがないのでしょうか。しかしこんな真っ最中ですが、日韓関係はかつてない良い方向に進んでいるのではないですか。もちろんこれは日本側から見た皮肉を込めたつもりです…。

 今年たしか日韓国交正常化55年ですが、戦後75年、日本は韓国に振り回されてきた歴史でした。考えてみてください。1910年に李完用首相が条約締結の全権委員に任命され一進会を中心に100万人の署名を集めた。寺内正毅統監と李完用首相により調印され、大日本帝国は大韓帝国を併合したのです。
 繰り返し言っても、どうせ素直に彼らの耳に入るわけではないので言いません。しかし歴史の事実だけは見てください。韓国は「植民地にされた」と騒ぎますが、まずこの合邦、朝鮮の嘆願によって実現した。しかも国家同士の契約です。
 伊藤博文首相は最後まで併合に反対していた。福沢諭吉氏も脱亜論で朝鮮の約束を守らない特異な体質を取り上げ、「約束は無効と覚悟せよ」と韓国の本質を見抜いていた。朝鮮半島を中露の緩衝地帯として意識したとしても、日本と韓国が志を共有できる、などと考えたのが大きな誤りだった。

 植民地政策をとった他の国を見てください。たとえばイギリス。英国紳士という言葉があるほどの国です。しかしこの国が、当時植民地にしていたインドにとった政策は搾取だけでした。インドになにがしかの学校を作ったが、現地に滞在する英国人の子弟のための学校だった。短い鉄道を敷設したが、綿花を港まで運ぶものだった。
 日本はどうか。韓国のために数千の小中学校を造った。いやそれだけではない、帝国大学(現在の国立大学)まで作ったのです。京城帝国大学、現在のソウル大学でいまだに韓国唯一の国立大学です。それだけではない。鉄道、道路、発電所などあらゆるインフラを整備し、未開の国を近代化させたのです。
 台湾も同じ恩恵を被って、その恩を忘れずいまだに根っからの親日。韓国がいかに異常な国家かわかるというものです。

 しかし安倍政権になってから、朴槿恵大統領の時「最後」と言って締結した慰安婦にかかる約束を文在寅が反故にし、今度は戦時中募集に応じて半島から来た朝鮮人労働者4名を、「戦時徴用」として慰謝料等を求めて提訴させ、韓国の最高裁で「賠償に応じなければ、韓国にある在韓日本法人の資産を差し押さえる」との判決を出させた。
 「後世にこれ以上悪弊を残してはいけない」と決意した安倍首相は、資産を売却したら必ず報復をする、と表明。また韓国が通貨スワップを申し入れてきたのでしょう。先般、麻生太郎金融担当大臣が「借りた金も返せないやつにできるか」(趣意)と言っていた。リーマンショックの後もいろいろ助けてもらいながら、「スワップは日本が申し出たから聞いてやった」と国民に発表していた韓国。バカな国民は本気にしてるんですよ。
 今韓国は進むことも、退くこともできない。愉快じゃないですか。このあとも決して甘い顔を見せないでくださいよ!

麻生副総理は国民の努力を称賛し、「誇ってしかるべきだ」 と発言

 4日の財政金融委員会で、自民党の中西健治氏が新型コロナウイルス対策として都市封鎖をしたフランスなどと比べ、日本は緩やかな統制で感染を抑えたとして「自由を守り続けてきたのは価値が高い」と持ち上げた。答弁を求められた麻生太郎副総理、「(その問題について質問する各国に対し)国民の民度が違うんだ、って言ってやるとみんな絶句して黙る」と応じた。
 この問題を書き立てて「麻生氏の発言は閣僚辞任に相当する」などと騒ぎ立てているマスコミもいるが、他国で問題視していないのに、なぜすぐに話をそこに持っていくのでしょう。

 麻生氏は「(日本の緊急事態宣言は)罰則があるわけじゃない。お願いベースだけで日本の死亡率はものすごく低くなっている。他の国は強制力をもってしてもてもできていない。皆我慢したんじゃないの。罰金もないのに、違反でもないのに。もっと誇ってしかるべきだと思う」と。
 確かに麻生氏の発言は軽率の感を免れない部分もあるが、辞任を迫るほどの問題でしょうか。そもそも「民度」とはどういう意味か、皆さんは理解していらっしゃいますか。よく使われる「人間性」ということにしても、どれだけの方が正確に理解しておられるでしょう。
 ここは民度に戻りますが、このままの言葉はもちろん欧米にはありません。言うまでもないが、通訳は口頭で述べた言葉をそのつど他国の言語で表現しなおします。この言葉(例えば「民度」)を通訳がどう理解しているのか。どのように伝えたのか。聞いた方は、自分の国にない言葉をどこまで理解できたのか。

 1月か2月ごろだったでしょうか。新型コロナウイルスの感染が広がり始めたころ、イタリアで現地の女性が日本人女性を見て、「コロナ」と叫んでハイヒールを履いた足で蹴った事件があった。日本人も中国人も区別がつかなかったのかもしれないが、こんな事実を知ると腹立たしいとともに、奴らの民度の低さを痛感する。
 ところで民度とは、一言でいえば特定の地域・国に住む人々の平均的な知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すとされるようです。しかし一般的に使うときは、その人たちのマナー、教養、人に対する思いやりなどが特に考えられるのではないか。しかしカオスであることは事実。

 「民度」が外国語ではどう伝えられたか。英語圏では、多くは「citizens’ cultural standard(市民の文化的水準)」とか「the level of social manners(社会的マナー<礼儀作法>)」と訳したようですが、朝日新聞の英字版では「the superiority of its people(国民の優位性)」と訳している。凄い悪意を感じますね。
 戦後、米軍駐留をどう思うかと聞かれた吉田茂首相が、「金を出して番犬を雇っていると思えばいい」と答えた。当時、米軍に言いつけるメディアはなかったが、占領した日本がそんなことを言っていると知ったら、問題にしていたかもわからない。

 先方から抗議があったわけでもない、カオスはカオスのままでいいのではないか。ただし麻生氏への「慎重であるべき」との要望は必要でしょう。
 そういえば蓮舫議員が「あなたはそんなに偉いんですか」と麻生氏にかみついていた。麻生氏はそんなことを一言も言っていないでしょう。国民の努力を称賛し、「誇ってしかるべきだと思う」といったのだ。どうして火のないところにも煙をたてたがるのか。日本で議員をやっているなら、早く日本人の心も学んでもらいたいものだ。騒いで目立とうとするだけではだめだということです。

互いのテリトリーを侵さず 「With コロナ」 で行きましょう

 毎日新聞(5月31日)の報道です。
 米ジョンズ・ホプキンス大のチームが、新型コロナウイルスの感染に対して、次のような分析結果をまとめたという。
 「新型コロナウイルスの感染者が、発症する前日にPCR検査(遺伝子検査)を受けても、『陽性(感染者)』と判定されたのは3人に1人との分析結果をまとめた。発症4日前までは皆無だった」
 要するに感染者であっても発熱、倦怠感、頭痛等々の病気の症状が出る以前にPCR検査に引っかかるのは、その前日であっても33%、4日前になると0%という。発症日のPCR検査でも陽性は62%、3人に1人は発見できなかったことになる。
 的中率が最も高かったのは発症3日目の80%で、それ以降は低くなった。チームは、「PCR検査だけに頼らず、医師の判断や濃厚接触の有無などを総合的に検討することが重要ではないか」と語っているらしい。(発症して3日目に、改めてPCR検査をする必要があるのですかね?)

 チームは、欧米や韓国などで行われた7研究(患者数計1330人分)のPCR検査データを基に、発症前後で感染者を陽性と判定できる様子を分析した。ただPCR検査に対する信頼が“くつがえった”と思うのは私だけでしょうか。
 こんな結果を見て私が考えることですが、この時点で専門家でもない素人が、「日本政府の対策は云々」と得意げになって発表しているのはどうかと思う。私も、ど素人の1人として白状すると、今回のコロナ騒動が始まったころ、「呼吸器疾患だから、温かくなればかなり終息するのではないか」と考えていたが、とうていそんな生易しいものでないことが分かった。自分の反省を込めて…。

 前回も書きましたが、事ここに至ってはウイルスとの「共生」を本気で考えなければならないのではありませんか。私たちが回避しなくてはならないことは人的被害をもたらされること、あるいは、社会機能の破綻をもたらされることであって、感染症そのものが存在することではないのです。
 私たちの身体・環境さえ破綻されなければ、彼らとうまくつきあっていける可能性があるわけです。過去にも人間はいろんな“邪魔物”と互いのテリトリーを侵さず生活してきた歴史があるのです。「With コロナ」で行きましょう。

感染防止対策を取り入れた生活忘れずに! 長丁場を「共生」意識で

 (前回のつづき)
 日本では現在、狂犬病の発生を聞くことはまずありません。しかし外国で罹患した人が帰国して発病し、死亡する例は今でもけっこうあるのです。
 かつて私が妻とチェコに旅行したとき、王宮の脇でホームレスがイヌを連れて物乞いをしていた。イヌが可愛かったのか妻は手を伸ばして頭をなでようとした。私は慌てて強く止めた。
 いきなり頭を触わろうとすると驚いて噛みつくイヌもある。現在でも世界では狂犬病で毎年数万人が死亡している。妻は私の制止が分からなかったようだ。後にその意味が分かったのではないかと思います。

 もう1例を挙げてみます。天然痘(てんねんとう)です。
 この病気は天然痘ウイルスを病原体とする感染症で、疱瘡(ほうそう)ともいわれています。人に対して非常に強い感染力を持ち、致死率は20%から50%と非常に高い。平均30%といわれていると聞いたことがあります。仮に治癒しても瘢痕(あばた)を残す。
 この天然痘は、世界保健機関(WHO)が1980年に根絶宣言をしました。人類史上初めて、唯一根絶に成功した有害な感染症だという。

 今回の新型コロナウイルスは有効なワクチンもなければ特効薬もない。しかしこのウイルスが存在する以上、もう一度言いますが、「共生」しなければならない。大事なことはその実態をよく理解して、彼らの生息圏に無防備に踏み込まないということです。
 ほかにも世界には、死につながるウイルスが多数存在しています。最も身近な例がインフルエンザです。寒い時期になると爆発的な感染が始まることがある。実はこの致死率はなかなか高いのですよ。

 そのほかにも人食いバクテリア。これは手足が急激に壊死する病気ですが、致死率は極めて高い。さらにエボラ出血熱、エイズ、西ナイル熱、クロイツフェルト・ヤコブ病、その他無数にあります。「発病したら大多数が死ぬ」-こんな病気もけっこう多いのですよ。
 私たちも新型コロナウイルスとの共生を考え、生活に感染予防対策の意識を持つことが大事です。しかもこの問題は、長丁場で考えなければならないということです。

 今回報道されましたが、新型コロナウイルスの陽性で入院した金沢市議会議員が治癒して退院しました。医師からは「2週間程度は外出しないでください」と注意されていたにも関わらず、さっそくパチンコ店に行って大問題になっています。おまけに「パチンコ店の実態を把握するために行った」ですと。こんな輩を「言語道断」という。目指す方向と真逆の行動です。(終わり)