FC2ブログ

男系男子で皇位を受け継げる今、野党はなぜ女性の皇位継承を目論むか

 (前回のつづき)
 それはさておき、いつごろからか言われ始めた染色体の問題がある。
 その説によると、人間は22対の常染色体と一組の性染色体を持っている。性染色体は女がXX、男がXYらしい。生まれる子が男の場合、必ず父親のY染色体を受け継いでXYになる。生まれたのが女の子の場合はXXである。これを両親から受け継ぐ。
 そして彼らは言う。
 「日本の皇室では少なくとも、そして知りうる限り、千数百年にわたり、ほとんど同じYが受け継がれている。Xや常染色体上の遺伝子は交差などによってばらばらになるなど、世代を経るごとに変化するのに対し、Yの遺伝子はしっかりと継承されているのだ」。(神武天皇以来とすると、天皇即位から2千6百79年になるが?)

 そして彼らは必ず言う。
 「これが万世一系の拠りどころだ」と。万世一系とは、永久に同一の血統・血筋が続くこと。特に日本の皇室・皇統をさす。ここでまた疑問が湧いてくる。「万世一系」という言葉はいつから使われたのか。
 慶應(明治の前)3年(1867年)10月、岩倉具視が、「王政復古議」に「皇家は連綿として万世一系礼学征伐朝廷より出で候」と指摘した。これが万世一系の語の初出とされる。

 そこでまたまた疑問です。
 慶應年間に(日本だけではなく世界で)染色体の研究が進んでいたことを私は知らない。だからY染色体を万世一系の「拠りどころ」というのは違和感がある。万世一系に異を唱えるのではない。ただ性染色体が、万世一系の「よりどころ」だとなると、「後出し」だろうと言わざるを得ない。

 しかしここで、前回のブログに書いた百地章日本大学名誉教授の言葉を考えてください。
 「(女性天皇が誕生した場合)女性天皇が民間人の男性と結婚し子供が生まれれば、その子供は民間人の家系に属する人だと見られてしまう。そのこどもが天皇になれば、今とは違う『皇室』になって正当性が失われる」
 これは中国などで数千年繰り返してきた易姓革命なのです。社会体制の根本改革を経ず、単なる王朝の断絶を意味する。次に出現したのは以前と別の王朝だということになる。

 昔の人は性染色体など知りませんが、家督相続は長男にさせていました。明治に成文化した旧民法においても同様です。次男が独立したときは、長男が本家、次男が分家になるのでしたね。女の子は嫁いだ先の籍に入る。
 今度は長男の家で、やはり長子が家督を相続する。
 現在の考え方から言えば批判されるかもわからない。しかし昔の人は本能的になのか、経験からなのか、一家の命を継いでいくのが男性、中でも長男だと思って(あるいは感じて)いたのではないかと私は考えます。

 性染色体の問題は、皇統に唯物論を持ち込むように感じて私は感心しません。
 現在、私には断定する知識がありません。しかしもしY染色体が神武天皇以来現在の皇室の男性に連綿と伝わってきたとすると、それは具体的にどういう状況が伝承されてきたのか。
 Y染色体が伝わってきたとして、伝わらない場合とどこがどう違うのか。私同様ほとんどの人が知らないのではないか。しかしそれをわからしてどうするのか、という問題もある。

 今は喜ばしいことに、秋篠宮家に悠仁さまが誕生された。女性天皇、女系天皇をあえて考えなければならぬ時ではないでしょう。
 麗澤大の八木秀次教授は、「男系でつながってきた天皇がいたからこそ今の日本がある。男系男子で皇位を受け継ぐ方法があるなら、伝統を続けていくべきではないか」と言われているが、私も全く同じ意見を持ち合わせている。
 立憲民主党と国民民主党の野党2党が、女性へ皇位継承資格の拡大を今回の選挙公約に盛り込んでいるとは、まことに理解に苦しむと言わざるを得ない。(おわり)

野党2党が女性の皇位継承拡大を公約に、自民は女性天皇に慎重

 21日投開票の参院選で、立憲民主党と国民民主党の野党2党が、女性へ皇位継承資格の拡大を公約に盛り込んでいる。
 皇室典範は皇位について、「皇統に属する男系の男子が継承する」と規定している。明治の旧皇室典範に明文化され、今も引き継がれた内容です。

 男系男子の天皇が父親、父方の祖父、父方の曽祖父…と、男子だけで系図をさかのぼると神武天皇にたどり着くという。この繋がりが「男系男子」です。
 その規定に則ると、現在の皇位継承資格者は天皇陛下の弟君の秋篠宮さま、その長男の悠仁さま、陛下の叔父の常陸宮さまの3人に限られる。次世代の皇位継承者は悠仁さまただ1人です。

 女性への皇位継承を認めた場合、現時点では天皇、皇后両陛下の長女愛子さまを含め、6人が新たに資格を持ち、皇位継承資格者は9人に拡大するらしい。
 女性(じょせい)天皇とは、文字通り女性の天皇です。
 女系(じょけい)天皇というのは、皇室において母のみが皇統(天皇の血統)に属する天皇であり、その子として生まれた人は「女系」とみなされ、以後男系に戻ることはありません。男系・女系というのは本人の性別とは関係がないのです。

 日本の歴史上に女性天皇は8人存在したが、女系天皇はなかった。この女性天皇はいずれも次の男系男子の天皇が誕生するまで天皇の位につかれたもので、未婚(生涯独身)か、天皇・皇太子の元配偶者(未亡人、再婚せず)であったとされている。
 もちろん一時的な例外中の例外であり、その天皇の子が皇位についた例はなく、今も皇統の「男系男子」は守られている。

 「男系男子」がなぜ重要かについて、日本大の百地章名誉教授は次のように説明している。
 「(女性天皇が誕生した場合)女性天皇が民間人の男性と結婚し子供が生まれれば、その子供は民間人の家系に属する人だと見られてしまう。そのこどもが天皇になれば、今とは違う『皇室』になって正当性が失われる」
 また、麗澤大の八木秀次教授は、「男系でつながってきた天皇がいたからこそ今の日本がある。男系男子で皇位を受け継ぐ方法があるなら、伝統を続けていくべきではないか」と。

 ところが家族のあり方を研究している大阪大の牟田和恵教授はこんな意見を述べる。
 「男子しか認めないのは明確な差別だ。(中略)男だけでやっていく皇位継承の仕組みは、日本社会の未来を考えるうえでもゆがんでいる」
 ジャーナリストの田原総一朗氏も、「国民のほとんどは女性天皇・女系天皇に賛成だ。女性天皇を認めれば、国民は今以上に皇室を支持するようになるだろう」(毎日新聞)

 この女性天皇に賛成の2人の発言について述べてみたい。
 はじめに田原氏。「女性天皇を認めれば、国民は今以上に皇室を支持するようになるだろう」と。恥ずかしいね。皇室の存在意義は国民の人気投票で決まることではない。思ってはいたが、なんともレベルが低い御仁だ。

 次いで大阪大教授・牟田女史の「(天皇を)男子しか認めないのは明確な差別だ」との発言について。
 皇室は憲法、法律の埒外に存在することをご存知ないのか。まず皇族には姓(苗字)がない。戸籍もない。皇室典範に、皇位は「皇統に属する男系の男子が継承する」とある。選挙権もない。労働基準法に守られることもない。これらは法律に違反するからダメだ、というのか。

 法には特別法と一般法がある。特別法は一般法に優先する。一般法と特別法とで異なった規律を定めている場合、一般法の規律が排除され特別法の規律が適用される。
 特別法が規定される理由はさまざまであるが、特別な分野に対しては一般的な法律の他にその分野特有の規律が必要になる。これが特別法である。
 憲法と皇室典範を比べると、憲法が一般法で、皇室典範が特別法になるのではないのか。(つづく)

「年金+2000万円」騒ぎは終りに! 「自助努力」の大事を考えよう

 7日の毎日新聞(朝刊)の1面トップに「老後『2000万円では不足』」と大々的に特集(?)を組んでいた。まだこんなことを続けているのか、とあきれざるを得ない。
 そもそも、公的年金への不安が、本当に国民に広がっているのかどうかも私にはわからない。こんな問題、騒いで報道してどうするのか。

 参議院議員選挙の投開票は21日です。野党はこの問題を選挙の争点にしているようですが、それほど攻撃材料がないということですよ。いい加減にしてもらいたいものだ。
 新聞は相変わらず取り上げているのですが、こっちも記事のネタがないのでしょう。ばかばかしい限りです。

 「老後2000万円では不足」というが、受給者の年金収入がどの程度かということで、状況がまるっきり変わってくるではないか。一律「2000万円」が出てくるのが、まったく理解に苦しむ。
 話題になっているのは、年金月額21万円ほどの人たちでしょう。それだけを騒いで、ほかの人は無視ですか。

 「ほかの人を無視」したのを問題にしているのではないのです。年金収入といっても、収入0から数十万円までさまざまでしょう。それをどうして21万円ほどの人たちだけを取り上げて問題視するのか。
 いちおう理屈はわかります。学校を卒業して定年まで勤めると、年金の月収はおよそその程度になる、ということでしょう。

 しかし考えてみてください。年金に加入していない方もけっこういるではないか。年金制度の適用事業所でない所に勤めていて、自分では国民年金に加入しなかった人もいるでしょう。
 女性の場合は、専業主婦でまだ3号被保険者制度が確立していないとき、別に国民年金に加入するのが金銭的に億劫な人がいたかもわかりません。

 自営業の方たちは、ほとんどが国民年金だけです。国民年金なら、40年間加入しても、満額で6万5000円ほどです。
 厚生年金の適用事業所に勤めていても、退職してその後、年金制度へ加入していない会社へ勤めることもありうる。
 こう考えると、年金収入は千差万別です。「老後2000万円」がどうこうという問題ではない。

 はっきり言いましょう。年金21万円で5万円不足ということは、月26万円の生活費がかかるということです。(彼らの試算)
 年金0の人が30年生きると、「26万円×12ヵ月×30年」ですから、約9360万円。こんな金、貯められないでしょう。
 国民年金だけの人が30年生きると、「19万5000円×12ヵ月×30年」です。いくらになりますか。7020万円、これも無理でしょう。マスコミは、どうしてこういう人達の立場を報道しないのか。

 この人たちは、年金だけで生活できるとは思っていないはずだ。そのためにはいろんなことを考えているでしょう。
 定年(一般的には65歳ですか?)を過ぎても働くのが最も近道ではないでしょうか。
 預貯金が多くないとしても、何百万円かは持っているかもしれない。これも仕事を辞めた後の援けになる。
 持ち家の人は、家賃の支出がないぶん助かるのではないか。先日も書きましたが、リバースモーゲージを考える余地も出てくる。
 家庭によっては、子供の援助を期待できるところもあるかもしれない。

 どうですか。状況は本当に千差万別なのです。救済の特効薬はありませんよ。
 例えば!!!ですが…。
 無年金の人にも、国の責任で国民年金を(満額)支給する。こんな案が浮上したこともありましたね。無年金の人はありがたいでしょう。しかし国民年金をかけ続けてきた人には、かけなかった人と同じ支給額になるのが我慢ならないかもしれない。

 ですから、老後の生活は個々で全く違うのです。政府が「年金以外に自助努力を」というどこが悪いのか。いい加減こんなばかばかしい論議はやめようではありませんか。
 年を取ると病院に通う回数も増える。しかしほとんどが1割負担で済んでいる。これも感謝しなければいけません。

 「入るを量りて出るを制す」
 この言葉をかみしめる必要があります。

「2年5ヵ月の悪夢」の総括は未だし、21日は通常選挙の投開票だ

 「2年5ヵ月の悪夢」といわれた民主党政権。その内容を忘れてしまった日本人も多いのではないか、と私は心配しています。皆さんはいかがでしょう。
 恥ずかしながら、私も詳しくは覚えていないといった方が正確でしょうか。民主党の足跡の総括を誰かやったのでしょうか。

 今もわたしが忘れられないのは、彼らが旗印にしていた「マニフェスト」(政権公約)という言葉です。バカの一つ覚えのように口にしていた、この言葉はいったい何だったのでしょう。錦の御旗にしてきたのですよ。いわゆる大義名分、看板、シンボル。なんと言っていいかわかりませんが、当然これに違反することは許されない。
 マニフェストとは何か。民主党は言ってました。
 「マニュフェストはイギリスではじまった。ルールがある。言ったことは命がけでやるのだ」
 ところが何を言って、何をやってきたのか。

 「普天間基地の移転先は最低でも県外」
 「年間31万2000円の子ども手当を支給する」
 「ガソリン税、軽油引取税、自動車重量税、自動車取得税の暫定税率は廃止して、2.5 兆円の減税を実施する」
 「16兆8000億円の財源はいくらでも出る」

 マニフェストとしていろんなおいしい話を持ちかけ、「財源はいくらでも出る」といったが、ついぞそんなものは出てこなかった。
 財源の内訳と言っていたのは、無駄遣い削減(9兆1千億円)、特別会計の剰余金など「埋蔵金」の活用(4兆3千億円)、政府資産売却(7千億円)、租税特別措置見直しなどの税制改正(2兆7千億円)。これで16兆8000億円です。
 
 まだまだありましたね。1つでもできたことはありましたか。
 当時、与謝野馨財務・金融担当相は民主党がマニフェストに盛り込む新規施策の財源についてこう切り捨てた。
 「空想と幻想の世界で遊ぶのは楽しいが、国民生活がそれによって保障されるという錯覚を与えるのはほとんど犯罪に近い」
 蓋し至言ではありませんか。

 民主党は予算の無駄を洗い出すといって、蓮舫氏などが先頭に立ち「事業仕分け」を行って無駄を省こうとしたが、ほとんど徒労に帰した。いや、これは無駄を省くというより、見ていると、マスコミに報道させて自分らの宣伝に使うのが目的と思えた。
 「マニフェストを取り下げたわけではありません。いったん凍結して、緊急度の高い復旧・復興の予算に回していくということです」。あきれた彼らの逃げ口上です

 それだけではありません。日本の領海で操業していた中国の漁船が、臨検を行おうとした海上保安庁の船に体当たりして抵抗し、船長を逮捕。船を曳行した。「国内法で粛々と裁く」と言っていたが、中国に脅されて船を返還、船長を無罪放免した。帰郷した彼は、手を振ってまるで凱旋将軍のごとくであった。菅直人首相のときです。

 また「普天間基地の移転先は最低でも県外」と言っていた鳩山由紀夫首相は、公約を実行できず辺野古移設を決めた。この時、辺野古移転を鳩山政権で閣議決定した。
 枝野氏は鳩山内閣で行政刷新担当大臣を担い、辺野古移設に賛成したが、現在その責任を安倍内閣に押し付けている。自分の「やってきたこと」を、そのまま安倍政権に責任転嫁する。これはどういうことか。
 こんな卑怯卑劣なやり方は国民の理解を得られるはずがない。議員としての資質の欠如です。
 ところがこのことを枝野氏に質問すると、「立憲民主党は新しい政党であるから問題ない」という認識であったという(宇田川敬介氏=ジャーナリスト・作家の記事から)。この破廉恥ぶり、信じられますか。

 今月21日は参議院通常選挙の投開票です。だれに投票するかをよくよく考えて実行する、これが私たちの責任です。

韓国研究員が「徴用工差別は嘘」と、国連シンポジウムで発言へ

 太平洋戦争末期に日本政府に戦時徴用された朝鮮人徴用工について、韓国政府は彼らがいかに劣悪な環境で、ほとんど給料も支給されない軟禁状態で労働させられてきた、と事実と全く異なる報道をしてきた。
 しかも言葉や活字で主張するだけではない、昨年でしたか、韓国最高裁では彼らに莫大な慰謝料を支払えと判決を下し、応じないことを理由に、韓国にある彼ら日本企業の資産を差し押さえた。(現在、まだ売却はしていない)

 しかし訴訟になった「徴用工」は、実は徴用令で集められた者ではなかった。徴用が始まるずっと前に、朝鮮半島からの出稼ぎ労働者だったのです。出稼ぎ労働者も、徴用工も、もちろん給料はきちんと支給されていた。
 従軍慰安婦と同じく、ありもしないことに難癖をつけて、少しでも金をせしめようという魂胆なのです。
 「嘘も100回言えば本当になる」を狙う彼らに、「正しいことはいずれ分かる」と、のんびり構えていた日本にそのツケが回ってきているのです。

 ところで産経新聞(7月2日)に「韓国研究員『徴用工差別は嘘』」「国連シンポで発言へ」と題して極めて注目すべき記事が掲載された。たいへん興味をそそる内容ですので、その部分の全文をぜひ紹介させてください。
 日本人が言うのではなく、韓国・落成星台経済研究所の研究員が発表しているというのが異色です。しかしこのあと、彼の立場は安穏でおれるのでしょうか。
 つぎに引用します。


 韓国研究員「徴用工差別は嘘」
 国連シンポで発言へ

 戦時中のいわゆる徴用工ら朝鮮半島出身労働者の賃金体系を研究している韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イウヨン)研究員が、ジュネーブの国連欧州本部で2日に開くシンポジウムで行う発言の主な内容が1日、分かった。炭鉱での日本人と朝鮮人との待遇をめぐり韓国内で指摘される民族差別について「全くの嘘だ」と主張し、「歴史を歪曲する韓国と日本の研究者やジャーナリストは無責任な言動をやめるべきだ」と訴える。
 李氏はシンポジウムで、当時の炭鉱の賃金台帳などから朝鮮人と日本人の賃金格差の実態を調査した結果も報告する。朝鮮人炭鉱労働者の賃金が朝鮮半島で働く教員の4.2倍になる炭鉱もあったとしている。
 李氏は、炭鉱労働者は賃金面で他の職に就く日本人に比べても優遇されていたと説明する。韓国の映画などで「やせ細った朝鮮人労働者」のイメージが広がっていることには「当時の写真を見れば健康で壮健堂々としていた」と反論する。
 シンポは開催中の国連人権理事会の関連行事として開かれる。長崎市の端島(はしま=通称・軍艦島)の元島民らでつくる「真実の歴史を追及する端島島民の会」が制作した証言の動画も放映する。(産経新聞7月2日)


 引用は以上です。
 その後の報道は目にしませんが、おそらく予定どおり2日に発表したのでしょう。韓国人研究員の研究・証言であるだけに、その真実の姿を否定できる人は少ないのではないか。韓国人がもし否定したとしても、日本を貶めようという感情的な発言にすぎず、この証言は彼らの心に深いクサビとなって残ることは間違いない。
 しかし従軍慰安婦問題も徴用工問題も、一部日本人学者やマスコミのねつ造がそのまま韓国人に受け継がれてきたのです。「言論の自由」などと拱手傍観するのではなく、国家に実害を与えたとしてしっかり取り締まるべきではないでしょうか。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR