北朝鮮は「核放棄」をしない、日本はミサイル迎撃の実効性を高めよ!

 北朝鮮の金正恩委員長が国家のトップに座ってちょうど6年。これまで周辺国、関係国を威嚇し核兵器とミサイル開発に必死で取り組んできたが、今年の平昌冬季五輪を機に大きく方向転換を計ったように見えます。

 金委員長が、父の金正日総書記の死去に伴って国家のトップに立ったのは2012年4月。以来、自分の意のままに強権を発動してきた。叔父の張成沢氏の処刑、異母兄の金正男氏の暗殺。同胞韓国に対しては「ソウルを火の海にするぞ」と、隣国日本には「4つの島を(原爆で)海に沈める」と恫喝してきた。
 米大陸に到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発の目途も立ち、アメリカに対する発言も高圧的、挑発的になっていた。

 その金委員長が平昌五輪以来、韓国芸術団の平壌講演を歓迎するなど、「笑顔外交」に方向を転換し始めた。経済制裁が効いてきた証拠でしょう。
 韓国の文在寅大統領は、南北統一の道を開いた大統領としての「実績」を意識し過ぎてか、ただ前を見て走るだけ。まるで足が地についていないように見える。北朝鮮は、この間にも核兵器とICBMの開発・改善に必死なのです。

 北朝鮮は本気で核を放棄するつもりがあるのか? 私は絶対にないと思う。6月にアメリカとの首脳会議が行われる。私はこれも北の時間稼ぎと思えてならない。同じ見解の人が多いのではないでしょうか。文在寅氏は足元を見透かされているのでしょう。
 これまで20数年、北は世界を欺いてきました。今回の会談に臨んでも、「核の即時廃棄」は明言していない。「段階的破棄」です。笑顔外交にだまされてはいけない。

 すでに米大陸に到達するICBMを完成させた。もう、この断言を間違いという人はいないでしょう。北朝鮮はこの時を満を持して待っていたのです。強気で米朝会談に臨むのではないか。
 アメリカは「ミサイル迎撃」を口にしますが、果たして現実問題として使い物になるのか。「NO」というより、こういう問題は技術的に100%でなければ頼みにならないのです。

 ここからは、毎日新聞(4月14日)の記事を要約して引用します。
 北朝鮮が核弾頭を積んだICBMを発射した場合、米国はICBM迎撃用に開発した地上配備型ミサイル「GBI」で迎え撃つ。
 米軍は1発のICBMに対して4発以上のGBIを発射する方針だ。これで「迎撃可能性は97%に高まる」とトランプ氏は豪語するが、北朝鮮が1度に12発のICBMを発射すれば、米国のGBIは「弾切れ」となる。トランプ政権は昨年、20発増強を決めたが、完了は5年後の2023年となる。

 「あと数ヵ月」。米中央情報局のポンぺオ長官(次期国務長官)は今年1月22日、米CBS(米合衆国最大のテレビ・ラジオネットワーク)のインタビューで、北朝鮮が米本土への攻撃が可能な核ミサイルを配備するのに必要な時間をこう推測した。(引用、以上)

 長官が懸念した、核攻撃に「必要な時間」は1~2か月後に迫っているのです。
 平壌北部からニューヨークやワシントンに向けてICBMを発射した場合、到達までおよそ40分。それだけの時間的余裕があっても、アメリカは迎撃用GBIを4発発射して、迎撃可能性は97%だという。

 一方、日本のミサイル迎撃態勢はどうか。平壌から日本までは短距離弾道ミサイルで10分、中距離弾道ミサイルなら7~8分で到達するという。これを考えても、日本の迎撃がいかに困難かわかるというものです。
 かつて北朝鮮がミサイルを発射した事実を知らず(当時確か人工衛星と言っていましたね)、韓国やアメリカからの「報告」で知ったこともありました。
日本はPAC-3で迎撃というが、先方が1発しか打たなくても、そこに4発は集中できないでしょう。

 おまけに準備から撃墜までの時間はアメリカの4分の1しかない。はたして時間的にも可能だと思っているのか。日本人の避難にしても、Jアラートが作動してから数分しかありません。
 どうですか。平和憲法(?)を堅持して国が滅びては、しゃれにもならないではありませんか。日本の防衛を本気で考えなければならないのです。日本人の何割が、このおそまつな「ミサイル迎撃準備」の実態を知っているのでしょうか。まず迎撃の実効性を高め、必要があれば先制攻撃も視野に入れなければならないのではないか。

免許更新で認知機能検査、申し込みから講習まで半年がかりの大仕事だ!

 運転免許証の更新手続きを始めました。年をとると、免許更新も半年がかりです。なんとも煩わしい。
 私は後期高齢者です。75歳から、手続きがやけに面倒になるのです。講習に先立って、認知機能検査を受けなければならない。その成績に応じて、2時間の講習、3時間の講習、また認知症専門医の診察を義務付け、更新の可否を決めるという。ところが検査を受けるにも講習を受けるにも、人が多すぎてなかなか申し込めないのです。老人社会なのですね。

 私の誕生日は6月20日、公安委員会から手続きのハガキが届いたのが1月末でした。まず、認知機能検査を受ける。ハガキにはいくつもの自動車教習所の電話番号が掲載されています。さっそく近くの教習所Sに電話をしました。
 驚いたことに、最短で受けられるのが4月7日だという。2ヵ月以上先ですよ。やむを得ないので、その日を予約しました。シルバー世代が多いのですね、驚くべき混雑ぶりです。
 しかし我が家の一帯を思い出してみると、まるでシルバーコミュニティです。これじゃ社会保障費の出費が国を揺るがすのも納得がいきます。私もその1人なのですが。

 申し込んだとき、「前日に確認の電話を入れます」と言われました。年寄りだから忘れるかもしれない、ということでしょうか? あるいは、ひょっとしてもう死んでいるかも? と。まさかそこまでは思っていないでしょうが…。
 ところが当日を迎えると、いつ電話がくるかわからない。これも落ち着かないものですね。無理に尋ねる問題を作って電話。そのあと「このあと出かけるから、この電話で確認に替えてほしい」というと、「担当者に伝えます」と快く応じてくれた。

 当日の検査は、主に次の」3点でした。
(1)時間の見当識
 検査時における年月日、曜日及び時間を回答します。
 その後、介入課題。白紙1頁にランダムに記載された数字群から、まず1と4に斜線を引く(30秒)、続いて2と3と6に引く(30秒)。
(2)手がかり再生
 示された一定のイラスト(16枚)を記憶し、そのあと採点には関係しない課題を行う。忘れたころ、記憶した(はずの)イラストをヒントなしに回答させ(3分)、さらにヒントをもとに回答させます(3分)。
(3)時計描写
 時計の文字盤を描き(1分)、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます(30秒)。

 検査は説明を含めて約30分、およそこんなところでした。
 終了後、採点が行われ、その点数に応じて、(100点満点で)49点未満を「記憶力・判断力が低くなっている(認知症のおそれがある)」、49点~76点未満を「記憶力・判断力が少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)」、76点以上「記憶力・判断力に心配がない(認知機能の低下のおそれがない)」と判定が行われます。

 検査結果は、その場で書面によって通知されます。これは公安委員会発行の正式な文書です。
 「記憶力・判断力が低くなっている」との結果であった場合は、1週間程度で警察から連絡があり、臨時適性検査(専門医による診断)を受け、又は医師の診断書を提出することになります。認知症であると診断された場合には、聴聞等の手続の上で運転免許が取り消され、または停止されます。
 「記憶力・判断力が少し低くなっている」グループは3時間の講習、「記憶力・判断力に心配がない」グループは2時間の講習です。講習料金も違ってきます。

 しかし認知機能検査結果を点数で表わされるのは嫌ですね。一応、76点以上は「OK」なのですが、検査問題自体は若い人なら誰でもできそうな問題です。それを決められた短い時間でやり遂げることができるか、ということですね。
 説明を聞いていると、獲得したのが90点とすると、若い時(は100点取れたはずだから)より10%認知症が進んでいるような気持ちになるのです。

 「何としても100点取らなければ」と考えすぎたのか、始まったときは緊張して鉛筆を持つ手が小刻みに震えたほどです。結果は100点でした。自賛になりますがまだ大丈夫、写真を掲載してみました。

 テストが終わった後、直ちにマニュアルによって教習所職員による採点。そのあと人を替えてもう一度採点。最後にFAXで検査センターに送り、センターで採点した後、受験者の手に検査結果通知書が渡されます。
 その間、安全運転のビデオなどを見ながら約50分待機しています。私の横で待っていた人は早い段階で職員に呼び出され、席に荷物を置いたまま戻ってくることはありませんでした。私が帰る時、女性職員に忘れ物があることを伝えましたが、なにか検査で問題があったのでしょうか。それならお気の毒です。

 翌日、教習所に電話して講習を予約しましたが、最短が6月24日ということにまたまた驚きました。高齢者で運転している人がいかに多いか身に沁みました。

認知症機能検査2

大相撲の「女性蔑視」は伝統ではない、過去の悪しき「因習」なのだ!

 4日午後2時すぎ、京都府舞鶴市の舞鶴文化公園体育館で行われた大相撲の春巡業の土俵上で、挨拶をしていた多々見良三舞鶴市長が突然倒れ、市内の病院に搬送されました。
 その際、応急処置を施そうと土俵に上がった看護師ら複数の女性に対し、行司が場内アナウンスで「女性の方は土俵から下りてください」と繰り返し放送した。この行為に対しメディアでは、いま大きな問題として連日報道している。

 翌5日、土俵上で突然倒れた市長に関して舞鶴市が、くも膜下出血だったことが判明した、と発表。市の担当者によると、4日に精密検査で病状が分かりただちに手術。現在の容体は安定しているらしい。救急車で市内の病院に搬送されたときには「意識もあって会話もできた」という。今後は入院して静養することになる。

 新聞やテレビの報道によると、多々見市長が倒れた直後、警察官やスタッフらが土俵に上がった。その中に心臓マッサージなどの救命処置を施している女性らもいた。ところが場内放送だけではなく、観客の男性からも「何で土俵に女がいるんだ」「女は土俵から下りろ」との声があったという。
 相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされており、この慣例に従ったのだろうが、一連の対応は波紋を広げている。

 テレビの取材などによると、最初に土俵に上がって市長の元へ行った女性は「看護師です。心臓マッサージができます」と述べた。そのあとを追って土俵に上がった女性も医療関係者だったらしい。
 多々見市長の元もとの職業は医師で、今も病院を経営している。この女性らも病院の関係者で、この日、相撲観戦に来ていたらしい。その直後、八角理事長(元横綱・北勝海)は「行司はすぐに分からず、『土俵から下りてください』と言ってしまったという。不適切だったと認める」と謝罪した。

 しかし理事長は誰に謝罪したのかわからないような御託を並べるのではなく、土俵際にドクターを置くことを考えるべきではないか。ボクシングでもプロレスでも、その他の格闘技でも、みんなリングドクターがいるでしょう
 相撲も格闘技です。現理事の芝田山親方(元横綱・大乃国)など横綱を張る前、板井に張り手で失神させられたことがある。旭道山などはしょっちゅう(と思うほど脳裏に焼き付いている)張り手で相手を土俵に這わせた。ドクターぐらい用意しておくべきではないか。ドクターがおれば、今回の事例でも適切な指示ができたでしょう。

 テレビの映像を見た印象では、土俵上にいた男性は何もできなかった。見るにみかねて女性が後から入ってきたのではないですか。なにが「土俵から下りろ」ですか。専門医らは女性陣に対して、「推奨すべき行動」「完璧な対応」と高く評価している。
 突然倒れた場合は心臓や脳の病気の可能性が高く、意識がなく、正常な呼吸をしていない場合は心臓が止まったと判断し、心臓マッサージをしなければいけない。措置が遅くなればなるほど、命が助かる可能性は低くなり、後遺症が残る可能性が大きくなるのです。

 ところでここからの話は緊急事態とは言えません。しかしかつて森山眞弓官房長官が天皇賜杯を、また太田房江大阪府知事が府知事賞を、土俵で授与しようとして相撲協会に拒絶されたことがある。いつまでこんな時代遅れの対応をしているのでしょう。
 テレビで相撲関係者や元力士の発言を聞いていると、大きく2つに分かれると思った。
 女性を土俵に上げない理由の一つは「伝統だ」という。
 今一つは、相撲は「神事」であり土俵を血で汚してはいけない、という。ケガをして流血した人は土俵で戦えない。女性も生理があるから土俵に上がることができない、というのだ。

 今や「女相撲」も開催される時代ですよ。すでに伝統は崩れているでしょう。さらに相撲は神事というならひと言申しましょう。神事といっても、そもそも日本神道に教義などない。以前、女性を不浄などという言葉を耳にしたことがありますが、それなら女性から生まれた男性も不浄になりはしないか。何より、女性の協力がなければ、相撲どころではない、人類は亡びていたのですよ。
 奉納相撲を神事というのは、彼らなりの言い分として聞き置きましょう。それ以外の「本場所」と「地方巡業」は、間違いなく「興行」そのものでしょう。

 日本相撲協会は公益財団法人で、事業には高い公益性が求められるのです。そのため税制上の優遇措置もあり、認定されることによる社会的信用度の高さが大きなメリットになる。
 その協会が女性差別的なことを言っては公益性が疑われるでしょう。こんなことは「伝統」ではない、過去の「因習」なのです。その違いが分かりますか?
 (1)「伝統」は、長い間に形成され、受け継がれてきた技芸・風習・思想などのしきたりや様式。
 (2)「因習」は、昔から続いている風習で、現在では弊害が生じているもの。

 今回の問題で、外国のメディアは大相撲バッシングに奔走しています。相撲協会はこれを機に、悪しき因習からの脱却を計るべきではないか。

「アルマゲドン」が現実になる日! 巨大小惑星が地球に異常接近中

 CNNニュースによると、米航空宇宙局(NASA)は、直径500メートル、8000万トンを超す巨大小惑星「ベンヌ」が、2135年9月22日に地球に衝突する可能性があると発表しました。
 その確率は低いというが、衝突した場合の威力は、アメリカが現在配備している核弾道ミサイル群に匹敵するとしている。これは爆薬30億トンに相当するらしい。といってもそれがどの程度なのか考えが及ばないが、広島に投下された原爆の約200倍だという。

 産経新聞によるとベンヌが地球近くを通過する際、地球重力の影響を受け軌道がずれてしまうことがある。そのために、地球と月との間をすり抜ける異常な軌道を通る可能性が出てきている、と。
 時速10万キロで移動している惑星が、地球の引力に引っ張られて衝突ということも十分考えられるのではないか。はたして衝突は避けられるのか。

 衝突を懸念するNASAは、ベンヌへ探査機を送り込む計画を進めている。2016年9月に打ち上げた宇宙探査機「オリシス・レックス」が、2018年のベンヌへの到達と試料採取を目指して接近中だという。岩石のサンプルを採取して地球に持ち帰る予定だ。
 NASAの発表によると、ベンヌ小惑星の軌道を変える方法がある。10年ほどの間に約50回、重い宇宙船「ハンマー」をぶつける。25年ほどかけるなら10回程度ですむという。

 早く取り掛かると、軌道修正の角度がわずかでも、地球に届くころには大きな差になる、ということか。
 ただしあんまり早い時期だと、ハンマーを打ち上げる地球からベンヌまでの距離がそれだけ遠くなる。時速10万キロで移動するベンヌです。地球から25年の距離と10年の距離がどれほど違うか気が遠くなってしまうほどではありませんか。

 「巨大小惑星ベンヌが地球に衝突か?」の記事を読んで、私が真っ先に思い起こしたのは、恐竜絶滅の原因になったと考えられている巨大隕石の地球衝突です。(小惑星が地球へ落下したときから隕石と呼ばれます)
 6500万年前に小惑星が地球に衝突、発生した火災と衝突時に巻き上げられた塵埃が成層圏まで達して太陽の光を遮り、何年にも及ぶ地球の気温低下・寒冷化を引き起こし、恐竜の絶滅につながったという説(隕石説)がいまは有力です。
 今回のベンヌは恐竜絶滅時の小惑星よりかなり規模は小さいが、それでも衝突したら被害は計り知れないものがあるでしょう。

 ベンヌの接近を聞いて私の頭から離れないのは、映画「アルマゲドン」(1998年・アメリカ)です。
 大気圏に突入してきた流星群による事故が多発。人々が恐怖と不安感に駆られる中、テキサス州に匹敵する大きさの小惑星が地球に接近していることがNASAの調査により判明した。
 小惑星が地球を直撃するまで残り18日。衝突すれば地球に再び氷河期が訪れ、人類の絶滅は免れない。小惑星の軌道を変え、衝突を回避する手段はたった一つ。小惑星に降り立って内部まで掘削し、中で核爆弾を爆発させて惑星を破壊し、地球を救うという物語です。

 さらに1910年のハレー彗星にまつわる騒動をご存知ですね。彗星のガスの尾が地球に届くということで大騒ぎになりました。太陽面を通過する際、彗星の尾に含まれる有毒ガスで地球上の生物は全滅するという噂が広まったのです。
 彗星接近の際に、地球上の空気が5分間ほどなくなるという噂も一部で広まりました。空気を詰めるゴム・チューブが売れ、全財産を遊興につぎ込む者、世界滅亡を憂えて自殺する者などが現れたそうです。

 ベンヌが地球へ異常接近するのは117年後です。それまでには科学技術もまだまだ発達するでしょう。もし「危険」が明確になっても、現在では考えられない解決策が出てくるかもわからない。ですから決して「取りこし苦労」することはありませんが、大事なことは、(NASAや、その時が近づいて必要があれば政府が)正しい情報を適時公表する必要があるということです。それによって大衆の不安を和らげることができるのです。
 ずいぶん遠い話ですが、決してSF(サイエンス・フィクション=空想科学小説)の世界でないことは事実です、100年後の現実なのです。皆様の興味を少しは引くかと思い、私見を交えてこの問題を取り上げてみました。


ハレー彗星2
1910年、世界を震撼させたハレー彗星。前回は1986年、次回は2061年
に接近する。(公転周期は75.3年)

川越・新河岸川の桜並木で花見を、蔵造りの街並みもゆっくり見学

 3月30日、3人の友人と川越駅で待ち合わせ、新河岸川の桜並木まで花見に出かけました。私の住まいは富士見市で、家から数分のところに砂川堀というちょっとしたお花見スポットがあります。友人の1人が、「次の飲み会は村岡さんの近くでやろうか」と言ってくれました。

 家へ帰って妻に話したところ、「せっかくだから川越でお花見をして、そのあと『蔵造りの街並み』や『時の鐘』を見てもらったら? 知り合いのガイドさんを頼んであげる。日時が決まったら飲み会の場所を予約したらいいでしょう」と。そこで毎月池袋で行っている会を今月に限り川越に移しました。

 駅で友人、ガイドと待ち合わせ、そのあと2台のタクシーで新河岸川の桜並木まで。「川越の桜五選」というのがあるそうで、新河岸川の桜はそこで第3位に入っています。
 そのあと裁判所前・札ノ辻を歩いて、蔵造りの街へ。ガイドが一緒ですと、何かと便利なことがあります。街並みや旧家の故事来歴など史実に詳しい。

 この日、歩き過ぎてかなり疲れた。時の鐘を見たあと、クレアモール(商店街)から駅へ向かうところでガイドと別れ、まずは「小江戸蔵里」で一休み。
 ここには利き酒蔵(昭和蔵)があります。埼玉県内35蔵の日本酒が勢ぞろいしている、有料の利き酒コーナーです。

 少し元気を取り戻し、そのあと川越駅へ。駅東口すぐのところに、予約していた居酒屋があります。乾いた喉に送り込むビールのうまさは格別。好きな酒と美味な肴で恒例の飲み会です…。
 いつまで健康寿命を保てるか? いつまで美味い酒を楽しめるのか? 分かりませんが友人も、夫婦も、みんな健康でいましょう。

 写真は新河岸川の桜並木。散り始め、川面に重なる花弁(はなびら)もまた風情。日本には花筏(はないかだ)という素敵な言葉もありますね。

新河岸川岸の桜6

新河岸川岸の桜4

新河岸川岸の桜8

新河岸川岸の桜7


プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR