眼を覚ませ! 韓国に「太陽政策」は通用しないのだ

 日韓合邦(がっぽう・話の進展途中で併合になる)を申し出たのは韓国だった。しかも毎年日本の国家予算から15~20%も半島の発展に支出してきた。いつも言いますが学校群、道路、鉄道、発電所など膨大な費用をかけてきた。どこの植民地がマザーカントリーからこれほどの手厚い庇護を受けたか。だから昔を知っている韓国人は、「日本の統治時代はよかった」というのです。
 そういえば数年前、韓国の公園で同じことを言っていた年寄りを、韓国青年がその老人が持っていた杖を奪って撲殺した事件がありました。

 日韓併合中、日本が悪辣だったということのひとつに、日本は韓国皇帝を奪ったというが、併合に伴って日本に2人の帝王が存在することなどありえない。しかし韓国皇族には莫大な予算を支給し、さらに大勢の貴族まで面倒を見てきた。
 もし韓国皇帝、皇族がそれほど大事だというなら、日本敗戦後の韓国独立時に、君主国としてどうして高宗の子孫を据えなかったのか。言行の平仄が合わないことは明白でしょう。要するに、日本への難くせなのです。

 そもそも韓国を独立させて、大韓帝国を誕生させたのは日本でしょう。その経緯をよく考えてみなければいけない。
 韓国独立後、ハワイから半島に戻ってきたのが李承晩(りしょうばん=イ・スンマン)でした。彼は強烈な反日家で、1948年に成立した韓国の初代大統領として常に強硬な反日外交を行ってきた。日本海・東シナ海の公海上に勝手に李承晩ラインを設定し、そこで操業する日本漁船を手当たり次第に拿捕し、漁船員を片っ端から逮捕拘留した。

 その問題を解決するにあたり、日本政府は韓国の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに莫大な金額を払い、あるいは日本国内で常習的犯罪、重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人を放免し、あるいは国内に自由に解き放ち、在留特別許可を与えたのです。

 朝鮮戦争の真っ只中に、サンフランシスコ講和条約が締結されました。韓国は「戦勝国」としてこの条約に参加しようとしたが、もちろんそんなことは許されない。彼らは日本と戦ったのではない、日本兵として欧米と戦ったのです。
 ところが今度は講和条約に参加しなかったことを悪用し、日本とは国交がない、と悪の限りを尽くしてきた。

 李承晩が失脚した後、朴正煕が軍隊を抑えて政権の座に座った。このときに国交が開かれていない事態を打開しようと、日韓基本条約が締結されたのです。締結までにはずいぶんの日時を要しました。
 前述した理由でサンフランシスコ講和条約に参加できなかった韓国ですが、日韓基本条約が結ばれた以上、お互いが過去を言い出すことは控えなければいけない。

 講和条約とは、交戦当事国が講和のために締結する条約。戦争終了の形式として最も一般的で、平和条約ともいいます。韓国が講和条約の相手国になり得ない以上、日韓基本条約はそれに代わるものです。
 この第3条で、日本は韓国が朝鮮にある唯一の合法政府であることを確認し、国交を正常化した。また日本の援助に加えて、「両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決が確認」され、それらに基づく関係正常化などの取り決めを行った。

 世界の多くの国は、植民地が独立するときインフラ整備などにそれまでかけた費用を請求している。日本は道路、鉄道、発電所、学校等、現在の価値で60兆円とも100兆円ともいわれる膨大な資産をそのまま残した。民間の工場、家屋なども同様でした。
 それを承知しながら、捏造の話を持ち出しては次から次へと金をむしり取る。こんな国をまともに相手にする日本が悪い。従軍慰安婦問題、その他なにを言い出しても一切相手にせず、国交断絶もいとわない決意で臨むしかないのではないですか。

 5月に誕生する韓国の新大統領が誰であろうと、親日政権になるはずはない。しかも両国間が多少良好な関係になってきても、韓国経済が傾くなどで政権の支持率が下がったときには、最も手っ取り早い浮揚策として「反日」を強硬に打ち出す。アホな韓国人は別の攻撃目標が見つかると、今度はそれに夢中になる。今まで繰り返した方法です。
 日本は目を覚ましましょう。国交断絶を改めて打ち出すこともないでしょうが、援助はとことん断るべきだ(例えばスワップ協定など)。「君子の交わりは淡きこと水のごとし」です。ひとことでいえば、形式的な付き合いでいいのではないか。
 それと韓国人の特別在留許可、少々悪事を行っても強制送還もできない、そんな馬鹿なことがありますか。こんな不条理な仕組み、一つずつ変えていかなければいけない。

捏造を恥ずべし、韓国兵は「拉致された」同胞女性を弄んだのか?

 韓国は昔から(今も)売春大国だし、日本女性も当時食べるために身を落とした人もいた。この人たちが、兵隊相手の売春宿を生業としていた業者にやとわれた。当然軍隊の移動とともに売春宿も移動する。それを「日本軍が韓国女性を拉致して性奴隷にした」と、戦後ずいぶん経ってから韓国が醜悪な話をでっち上げたのです。
 
 皆さん、それなら聞いてみたくなりませんか。当時、日本軍の中には韓国人も多くいた。日韓併合していたのだから当然でしょう。実に将官(例えば洪思翊中将など)、佐官の韓国人もいたのですよ。であれば、話の行きつくところ韓国兵は日本兵と一緒になり、それら韓国女性を性の対象として弄んだことになるが、間違いはないのかと。
 もし自分らはそれらの女性を相手にしなかったというなら、韓国女性が日本兵に弄ばれるのを、全韓国兵がひと言の抗議もせずに見ていたのか。あり得ないでしょう。

 彼女らは軍人相手の売春婦だからこそ、韓国人の兵隊も相手にしたのではないのか。もし日本軍が韓国女性を大量拉致して性奴隷となし、その女性を韓国兵も相手にして満足していたなら、まさに韓国人は鬼畜以下ではないか。日本を非難する以前の問題だと気付かなければいけない。でっち上げた事柄というのは、いろいろなほころびが出てくるものです。
 写真(上)は、当時朝鮮半島で発行されていた一般紙「京城日報」(1944.7.26)、下は朝鮮総督府機関紙「毎日新報」(1944.10.27)。ともに慰安婦募集の広告です。「強制」ではなかった何よりの証拠でしょう。(写真はYAHOO画像・検索から)

 はっきり言えば、韓国は独立なんかできる国ではなかった。
 中国(清国)の属国だった韓国は、独立したがっていたことは事実だ。しかしそれを目指して努力をすることもなく、貧困と疫病にさらされていた。
 日清戦争で日本が中国に勝利したとき、日本は清に対し第1番目に、「朝鮮は独立国である」と認めさせました。これを契機に大韓帝国が成立したのです。

 大日本帝国をまねて大韓帝国とたいそうな国名を戴いたが、独立を果たしても大韓帝国には国家運営能力が備わっていなかった。国土は荒廃し、慢性的な食糧不足状態が続き、企業でいうといわば倒産寸前だったのです。
 日韓併合に否定的であった伊藤博文総理が、朝鮮人テロリスト安重根によって暗殺されたことで、日韓併合へ大きく進み始めたのです。安は日韓併合を進める伊藤に反発して殺害した、という向きもあるが、これは彼のとんだ思い違いから大事件を惹起したのです。

 いずれにしても当時朝鮮最大の政治組織・一進会は韓国皇帝(高宗)、首相(李完用)に「韓日合邦(がっぽう)」の上奏文を提出しました。韓国としては日本と連邦制となる日韓対等合邦を目指したのかもわからないが、余りにも国力・文明がかけ離れていたため「日韓併合」となり、日韓併合条約を締結した。

 この時点で韓国に「もし」不満があるとするなら、合邦にせず併合になったことでしょう。気に入らなければ断ればよかった。何も日本から持ち掛けた話ではないのだから。
 合邦はいわば対等合併、併合はもう一方に吸収されると例えればいいでしょうか。会社で言えば、東証(あるいは大証)の一部上場企業同士なら対等合併も可能でしょうが、一部上場会社と潰れかけた中小企業が対等合併というわけにはいかないでしょう。

 韓国皇帝の権限が日本に移ったことを不満という声もあるようだ。併合した以上1つの国に2人の皇帝が存在し得ないことは誰でもわかる。当時、日韓両国で納得の上締結した条約を履行するのに何の不満があるのか。しかも韓国の皇族は残し、彼らに莫大な皇室歳費を与えてきた。(つづく)

戦時中の慰安婦募集広告

戦時中の慰安婦募集広告 - コピー

次期韓国大統領、誰がなっても「反日」で歴史を逆回転か

 朴槿恵が韓国大統領を罷免されて、今3人の次期大統領有力候補が浮上しています。そのうちの誰が大統領になっても、反日・親北朝鮮であることは間違いありません。
ここにきて2強の戦いともいわれています。文在寅(ムン・ジェイン)氏と安哲秀(アン・チョルス)氏の支持率が拮抗しているらしい。
 以前、「次期大統領候補ナンバーワン」といわれていた、前国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)が、早々に大統領選撤退を表明したのは賢明だった。この事情は高山正之氏が正論4月号に書いておられるが、その文章を借りてあらあら述べてみたい。

 潘基文の国連事務総長選には日本も協力した。確定したおり、麻生太郎氏は「アジア人として誠に誇らしい」と祝意まで述べている。
 ところが潘が国連で最初にやったことが、各オフィスのテレビを韓国サムスン製にすべて替えることだった。いわば国連のカネで、大統領選の事前運動をしたのです。2番目に身内を要職に取り立て、3番目には多数の韓国人を国連職員に雇用した。

 韓国の外務大臣かと思うほど、折に触れて的外れの日本批判をし、北京で行われた抗日戦争70周年式典にも日本を批判する立場として出席している。「国連」事務総長としてはあり得ない行動でしょう。
 エコノミスト誌に「最低の事務総長」と酷評されながら、すべてをポスト朴槿恵大統領に合わせてきた。
 ところが事務総長をやめて帰国してみると、韓国民は洟(はな)もひっかけてくれない。そこで彼は「人格殺害に近い陰湿な攻撃、各種の偽りの情報を振りまく自国民に愛想をつかした」と捨て台詞を残して大統領選から撤退した。

 次の大統領は誰かはわからない。文在寅氏は北朝鮮の主体(チュチェ)」思想に傾倒し、やがては北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長をソウルに迎え入れたいらしい。正恩というのは実の兄でも殺す男だ、半島に2人のリーダーはいらないとか言って、文も始末されるだろうと高山氏はみている。

 誰が次期韓国大統領になろうとも、これまでより強力な反日攻勢に出てくると思われる。最終的に10億円の金を出し、慰安婦問題の「完全、不可逆的決着」を国家間で約束した問題も、反故(ほご)にされるのは目に見えるようですね。
 もういい加減に韓国を相手にするのはやめましょう。はっきり言って人間のやることではないことをやって来たのが韓国なのです。恩を仇で返した見本ですよ。思い返してみましょう。

 兵士の性の相手をする従軍慰安婦として、韓国人20万人を強制連行したなどというありもしない与太話を作り上げ(これには吉田清治などという詐話師が大きくかかわった)、福島瑞穂、戸塚悦朗など国辱弁護士が日本を貶めるために狂奔した。(つづく)

米軍がシリアをミサイル攻撃、中露の拒否権発動で安保理は空転

 トランプ米政権は6日、猛毒サリンなど化学兵器使用が疑われるシリアのアサド政権への対抗措置として、シリア中部のシャイラト空軍基地を巡航ミサイルで攻撃しました。59発の「トマホーク」が地中海を遊弋する米艦船から発射された。
 もちろん、この攻撃に対する賛否は分かれるところがあるでしょう。だが、シリアに対するこの行動に対して、さっそく「化学兵器の使用と拡散をやめさせる行為を支持する」と述べた安倍晋三首相の表明に、私は満腔の賛意を送りたい。

 国連安保理は中露の拒否権発動で形骸化し、国際社会が他に選択肢を持たない中で、シリアの暴挙を止める米軍の武力行使は必要だ。オバマ大統領のとき、「アメリカはもはや世界の警察たり得ない」と言ったが、国際正義を実現しようとする責任をトランプ政権が復活させるのなら、内容によっては日本も協力しなければいけない。
 世界唯一の超大国が、国際正義をリードする責任を放棄したのではないことにほっとした気持ちになったのも事実です。中露が拒否権を発動する国連安保理に任していては、いつまでたっても事は進まない。その間、事態はより深刻さを増していくのです。

 シリア攻撃は中国の習近平国家主席が訪米し、米大統領と初の首脳会談の最中の出来事だった。習主席に「恥をかかされた」との思いもあったろうが、北朝鮮問題で中国が有効な手を打たなければ、対北朝鮮攻撃も辞さないというアメリカの強い意志は十分理解したに違いない。
 しかも6日夜、トランプ大統領は歓迎夕食会の最中、習主席にシリア攻撃の詳細な状況を説明し、習氏は理解を示したという。2月末、シリア政府軍の化学兵器使用非難した国連安保理で、シリアを支持するロシアとともに拒否権を行使した中国としては、米軍の攻撃を「理解した」という報道でトランプ大統領に屈したとみられることは屈辱に違いない。

 ところで北朝鮮は、「もしアメリカが先制攻撃や首脳除去などを考えるなら、我々はアメリカが望むどんな攻撃も行う」(趣意)とあくまで強気で押し通そうとしている。それがカラ元気かどうかは別にして、日本人は北朝鮮の原爆・ミサイル技術の進歩が、いかに危険な時点まで来ているかを、もっと深刻に考えなければいけない。
 この種の兵器は、実験を繰り返すごとに進歩を遂げる。次々出てくる問題点を一つずつ解決していけるからです。内容は違うが、宇宙開発事業団と三菱重工が共同開発してきたH-Ⅱロケットの進度を見ると明らかでしょう。

 米軍が地中海の艦船から発射したトマホークは59発です。北朝鮮が発射するミサイルが1発か2発なら、パトリオットミサイル(PAC-3)で迎撃できるかもしれない(それとて大変困難、日本到着まで7~10分程度)、しかし何発ものミサイルを同時に打ち込んできたらお手上げでしょう。過日のミサイル実験でも4発同時に発射した。10発や20発を集中させて攻撃することは十分予想できる。

 日本人はもっと考えなければいけない。政府も安全保障上の不備は何か、改めて検討し、必要な措置を講じなければいけないのではないか。民進党が「国民と日本社会の最大の危機」と言って組織犯罪処罰法改正案の反対に命を懸けているような姿を見ると、気持ちは白けてしまう。
 さらに民進党らの希望通り米軍が沖縄から撤退したら日本はどうなるか。中国は尖閣のみならず、沖縄も奪うことは明確だ。北鮮は「まだ戦後補償はすんでいない」(日本は韓国を朝鮮の正当政府として解決済み)と核兵器、ミサイルなどで威嚇を始めるに違いない。

 日米安保条約があるから、「自衛隊とともに米軍が戦ってくれる」なんて夢を見てはいけない。例えばアメリカが尖閣問題で、もし日本に協力しようとしても、米軍を派遣する是非を連邦議会で決議してもらわなければならない。当分は、日本が戦っていなければいけないということだ。遅ればせながらでも米軍が駆けつけてくれれば万々歳だ。日本国は日本人が守る、という至極当然のことを、今一度考えてみなければいけないのです。

 そんなことも考えずただ自民党攻撃に走る民進党。他の野党も同じだ。こういう体質が国民から見放されていることを、どうして気づこうとしないのでしょう。

爛漫と咲き誇る砂川堀の桜花、昨日の写真をご覧ください

 前回、我が家の近くにある砂川堀の桜をお伝えしましたが、まだ八分咲き程度でした。家から数分ですので昨10日、もしやと思って行ってみて驚きました。まさしく“桜花爛漫”、この地へ埴生の宿を得て30年、これほど美しく咲いたのは初めてだと思います。

 灯は消える前にいちだんと輝くといいいます。いま日本のソメイヨシノは、各地で枯れ始めているらしい。まさかここも。もしそうなら、なんとも寂しいですね。樹木の専門家に解決策を考えてもらいたいものです。
 
  人はいさ(ざ) 心も知らず ふるさとは 
             花ぞ昔の 香ににほひける (紀貫之)

 これだけの年月を同じ地で過ごすと、人の心がどう変わったという段階ではありません。つい先日まで元気だった人が…、という体験も多くあります。年々歳々花あい似たり、歳々年々人同じからず。まことにその通りですね。しかし自分にとっては、このあばら家を終の棲家としなければならないのでしょう。人生は夢のまた夢、振り返るとあっという間でした。次はもっと喜ばしい夢を見たいものです。

 せっかくですからもう何枚かの写真で砂川堀の桜をご覧ください。10日にスマホで撮りました。とうてい絢爛たる美しさをお伝えできると思っていませんが。
 今日も拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

29 4-7

29 4-3

29 4-1

29 4-4

29 4-8

29 4-9

29 4-10
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR