FC2ブログ

天皇に謝罪を求めるとは何事だ、韓国国会議長のなめ切った発言を許すな!

 韓国がまたもけしからん言いがかりを日本につけてきた。文喜相(ムンヒサン)国会議長が米国で慰安婦問題を取り上げ、「日本を代表する首相かあるいは、私としては天皇が望ましいと思う。戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような人が一度(慰安婦の)おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消される」と、あきれ果てた無礼な発言をした。全く日本をなめ切った態度だ。

 日本との「不可逆的な解決」との合意で設立した慰安婦の財団を一方的に解散した韓国は、徴用工問題、火器管制レーダー照射事件と続き、今度は天皇陛下までを「政治利用」しようとの挙に出たのです。
 あきれ果てて言葉もありません。これは国交断絶しかありません。いや、断絶などを宣言することはない。日本が本当に怒ったらどういうことになるか、韓国を震え上がって憶えさせなければなりません。

 昭和天皇は極東軍事裁判でも戦争責任を追及されることもなく、法的に決着済みの問題です。それを「戦争犯罪の主犯」とは何事か。日韓国交回復のおりの日韓基本条約も、サンフランシスコ講和条約に基づいているのだ。
 こんな傲岸不遜・無知蒙昧の輩に近寄ってはろくなことはない。一切無視する共に、過日も言いましたように国営企業といってもいいサムスンへのキーパーツの輸出を止めることを検討してはどうか。サムスンの生産ラインはストップし、韓国経済は大打撃を受ける。日本をなめ切っていると大変なことになると教えなければいけないのです。

 それにつけてもいつも言いますが、日本の政治家が戦後長年韓国を甘やかしすぎたのです。
 ことに河野洋平や村山富市などは、ありもしない朝鮮人女性を拉致して慰安婦にしたなどのウソを認めるがごとき愚挙に出て、まんまと奴らの罠にはまってしまった。まさに「国賊」というゆえんです。

 吉田清治が韓国済州島で、旧日本軍の命令で朝鮮女性狩りをやったという詐話をもとに慰安婦問題をでっち上げた。一緒に話をあおった朝日新聞は数年前にしぶしぶ誤りを認めたが、韓国はじめ世界にそれを積極的に発表・訂正するなどの行動は起こしていない。
 よく聞いてください。韓国が「従軍慰安婦」(以前は「挺身隊」といっていたが、これは勤労動員させられた主として日本の女性のことだと知り、呼称を変えた)をでっち上げたそのもとは、日本人の吉田や悪徳弁護士、それに朝日新聞です。

 韓国など、話してわかる相手ではありません。文喜相は「日本を代表する首相かあるいは天皇が…」などとバカを言っているが、歴史を知らない歴代首相は橋本龍太郎から始まり4人も詫びの文書を送っているではないか。
 そんなことをすればするほど奴らの思うつぼだ。安倍総理はそんな愚行に走らないと思うが、やればやるほど、「日本は責めればいうことを聞く」となめられるのだ。百田尚樹氏は、この韓国の態度を「奴らはやるやる詐欺だ」と喝破している。

 こんなことをしていては、あと50年たっても同じです。ともかく、世界に真相を発信しよう。そして韓国を助ける愚を絶対に行わないことです。

アジア大会6冠の池江選手が白血病に、進化する医療を信じ治療に専念を

 ニュースを聞いたときは国民の大半が驚いたに違いない。日本の女子水泳界に忽然と出現した超新星。先のアジア大会でも、6冠を達成してMVPに輝いた若干18歳の池江璃花子(りかこ)さんが、白血病と診断されたというのです。

 2020年の東京オリンピックでもその活躍を予想し、期待していた人が多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。天性のものでしょう、あの存在感はとうてい高校3年生のものとは思えない。妻も、「あの圧倒的な貫禄はどこからきているのでしょう」と驚いていました。

 東京五輪に出場するには、来年4月の日本選手権が代表選考になるらしい。
 よくご存知のことと思いますが白血病は血液のがん一種で、骨髄性白血病とリンパ性白血病があり、それぞれ急性と慢性があるという。池江さんのがんはどれに当てはまるか知りませんが、若い患者が多い急性白血病では、抗がん剤治療が一般的で半年から1年間入院する必要があるが、約8割が治るらしい。

 池江さんは自身のツイッターで、「治療に専念し、1日でも早く、さらに強くなった姿を見せられるように頑張っていきたい」と心境を語っています。
 白血病というと病気で亡くなった夏目雅子さんが知られていますが、それは40年近くも前のこと。医療技術は日進月歩で進化しています。俳優の渡辺謙さんは30年前、撮影の途中、急性骨髄性白血病で倒れた。しかし闘病後の大活躍はご存知の通りです。

 2000年代に入ってスポーツ界でも、プロ野球、レスリング、サッカーなど白血病に倒れながらみごとに復活した選手も多い。
 池江さんも今はとりあえず東京五輪にこだわらず、闘病に専念して克服してもらいたい。そのあとで復帰について考えればいいのではないか。もし「東京五輪」が、闘病のモチベーションになるならそれもありかとも思いますが。

 全日本人が見つめています。どうか治療に第一に励み、そのあと「さらに強くなった姿」を見せてください。期待しています。


池江璃花子
白血病を公表した池江璃花子選手(毎日新聞2月13日)

大雪警報の中、ミュージカル「キャッツ」の観劇に

 劇中に出てくるジェリクルキャッツとは、「人間に飼いならされることを拒否して、逆境に負けずにしたたかに生きぬき、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫(劇団四季のHP)」のことだそうです。
 そして今宵は長老猫が、もっとも純粋なジェリクルキャッツを選ぶ年に一回の舞踏会。一晩中踊りまくり、夜明けが近づきました。天上に昇り新しい生を与えられるのは誰でしょうか。

 唐突な書き出しですが9日、品川区大井町にあるキャッツシアターへ、ミュージカル「キャッツ」を見に行ってきました。同行は妻。というより私が妻に同行したのですね。
 前から一度連れて行ってと頼まれていたのですが、チケットの買いかたもわからないのでついついそのままにしていた。しびれを切らした妻が、知人に頼んで2枚を確保したのです。

 昨年11月に頼んで、取れたのが今年2月9日のチケットでした。人気の高さが分かります。ところがこの日は、前日から都内にも大雪情報が出た最悪の気象条件でした。覚悟して出かけたのですが、幸い思ったほどひどくならなかったので一安心。

 1981年ロンドン、1982年ブロードウェイで公演が始まって以来、約35年以上に渡って日本の劇団四季を含め30カ国以上、15の言語で上演され、今でも多くの人に愛され続けているという。
 私はナマでミュージカルを見たのは初めてです。しかし「王様と私」や「オペラ座の怪人」などと違って、キャッツにはストーリー性がないのですね。

 コンセプトミュージカルといって、全体を貫くストーリーはなくて、色々な場面場面をならべることで全体としての意味がでるようにした作品らしい。いろんな場面がある程度決まっているなら、ディテールミュージカルじゃないかというのは屁理屈でしょうか。しかし踊りも歌も十分堪能できました。舞台と観客が一体になるように考えられた舞台の造りはさすがでした。


キャッツ2
大井町駅から徒歩約5分、劇団四季のキャッツシアター

キャッツ1
舞台と客席の一体感が見事に演出されている

小室家の不可解な対応が続く婚約内定問題、圭氏は辞退をするべきでは

 秋篠宮家の眞子内親王の婚約内定が、延期になっていることはご存知の通りです。この問題について、私は触れるつもりはありませんでした。だが眞子さまとの婚約内定相手の小室圭氏が最近、かつて母親の婚約相手だった男性との金銭スキャンダルに関して「返済しなくてもいい旨を確認済み」(要旨)などと恥ずかしげもなく述べている。
 一方、その男性の話では圭氏の母親はパート程度の収入しかなく、「月に1、2万円しか返済できない」と言っていたそうではないですか。それが明確に否定されない限り、母親には「借りた」という認識があり、返済するべき借金だったということでしょう。

 さらに言えば、これは母親の金銭スキャンダルです。母親が相手と会って、直接話しあって解決するべき問題ではありませんか。ここに圭氏が出てきて、「解決した問題だと理解している」などというと、さらに混乱を招くだけではないのか。
 「解決した問題」という以上は、双方が合意していなければならないでしょう。しかし元婚約者が「返してもらいたい」といっている以上、解決していないことは明らかです。

 母親は元婚約者と会って解決を図ろうとしない。圭氏がまだ眞子さまとの結婚を望んでいるのならやるべきことがあるでしょう。それは、マスコミに対して一方的に「解決済みの問題」との文書を送付するのではなく、元婚約者と直接会って、その結果の一致した解決策をもってマスコミに臨むべきではなかったか。
 借金か贈与かは別として、母親が元婚約者から用立ててもらった金銭によって大学を卒業できた。元婚約者が返済を望んでいるのなら、利息ぐらいは上積みしてお礼を言って返すべきだと私は思うがいかがでしょう。

 もし直ちに返済できないなら、良識的な返済方法を示して相手の同意を得ることもできたはずです。相手を無視してマスコミに「解決済みだと理解している」と文書を送るなど、先方の怒りを増幅することになりませんか?
 秋篠宮さまが昨年11月のお誕生日の会見で、
 「娘と小室さんのことではありますけれども、私は今でもその2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います」と。

 さらに言葉を継いでおっしゃった。
 「やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ私たちは婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」。
 圭氏の今回の行動が、秋篠宮さまがおっしゃる「それ相応の対応」に当たるかどうかは知らない。しかし下手な行動は、ますます前途を難しくするのではないでしょうか。

 2017年の年末ごろでしたか、圭氏の母親に関する金銭トラブルが表ざたになってしまった。それに対して秋篠宮様が説明を求めたところ、母親は「どうしてもお返しした方がいいとおっしゃるなら、皇室のほうでお金を用立てていただくわけにいきませんか」(趣旨)と述べたと週刊誌に報道されましたたが、その厚かましさには開いた口がふさがらなかった。もし本当ならですが…。

 そもそも結婚の時にお持たせする一時金は1億6000万円といわれています。それは元皇族の体面を守るためのもので、原資は国民の税金です。母親が、結婚の後でそのお金で返せばいいと考えたのが事実なら、不届き千万といわざるを得ない。持参金は彼らの借金返済の金ではないのです。
 ある社会学者が、小室圭氏の「鈍感力には驚く」と述べていたが同感ですね。母子ともにそういう思考回路を持っているなら、国民に祝福される結婚にはならないということです。圭氏のほうから辞退を申し入れるべきではないでしょうか。

暴走韓国を制裁せよ!(3)

 3回目は朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏。「韓国が『有事』でも、もう知らないよ!」と、「WiLL」2月号に掲載された記事の趣旨をお伝えします。

 韓国が「有事」でも、もう知らないよ!
 韓国は輸出がGDP比40%以上を占める輸出立国であるが、輸出製品の製造設備や主要部品・素材は日本からの輸入や韓国内に工場を持つ日本企業からの購入に依存している。従ってこれらの供給を制限すれば、韓国経済は致命的打撃を受けることになるだろう。(略)
 まず、日本から供給する主要部品を使用した製品の第3国への輸出を認めないことだ。サムスンやLGのテレビには日本製光学フィルムの装着が不可欠であり、これによって韓国からのテレビの輸出は不可能となる。スマホも自動車も日本製部品が多く使われており、すべて韓国内でしか売れなくなるのだ。
 2つ目は、日本からの供給そのものをストップすることだ。(略)
 そしてもう1つ、韓国政府が震え上がる方策がある。現在のまま日本を敵に回し、反日暴走を続ければ、韓国有事の際に米軍の日本基地使用を日本国民が認めないであろうと韓国に伝えることだ。
 韓国の安全は実質的に沖縄をはじめ、日本各地の在日米軍の存在によって保障されている。しかし、日米安保条約では、在日米軍の他国への出撃には日本政府の了解が必要だ。韓国が自国の国民感情を持ち出すなら、日本にも国民感情がある。(略)
 日本の野党も「有事の際日本の基地を使用させない」となれば大賛成するに違いない。これならオール・ジャパンでの「対韓報復」が可能である。(松木國俊氏の記事から抜粋)
     ―――――――――――――――――――――――――――――

 「WiLL」に「暴走韓国を制裁せよ!」と題して掲載されたのは8人。皆さん素晴らしい内容でしたが、うち3人をここに引用させていただきました。ありがとうございました。
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR