「日米同盟」か「独自核」か?  日本の防衛を本気で考える時ではないか

 今月11日のこのブログに、“北朝鮮は在韓米軍を撤退させた後、武力で朝鮮統一を目指すのではないか”と書きました。それでは日本に対してはどのような対策を講じるのだろうか。
 韓国に対する意識と同じく、北朝鮮は(生意気にも)「日本は米軍さえいなければ意のままになる」と考えているのではないか。その実現のために、日米同盟を断絶することに力を注ぐと私は考えています。

 米大陸の主要都市に到達する核搭載ICBM(大陸間弾道ミサイル)が完成した時には、おそらく北朝鮮は米朝2ヵ国の対話に持ち込もうとするのでしょう。提示する条件は、米軍の韓国と日本からの撤収だと考えます。
 韓国から米軍がいなくなれば、早かれ遅かれ、北は朝鮮統一に動くのではないか。日本から撤収すると北は日本を恫喝の対象にしてくるに違いない。金正恩は「核さえ持っていれば」と、まさに核兵器依存症を患っているかのように感じられます。

 北朝鮮のICBMがアメリカを攻撃できるとなれば、米軍がいない日本を攻撃しても、アメリカが攻撃してくることはないだろう、というのが北の考え方です。いつも言うことですが、北朝鮮と開戦するとなると、米は連邦議会の承認を得なければならない。果たして議会が、北の報復攻撃を承知のうえで、日本の防衛のために血を流すことを納得するでしょうか。

 石原慎太郎元運輸大臣が、どこかの雑誌か単行本に「一朝有事にアメリカがわが身の犠牲をいとわず、日本の防衛に戦うか。かつて駐日大使を務めたマンスフィールドに直接聞いた。彼の返事は〈NO〉だった」(趣旨)と紹介したのを読んだ記憶があります。
 例えば尖閣諸島についても、「日米安保の適用範囲」と明確に述べたのは、私の記憶ではオバマ大統領が初めてではなかったか。

 日本が将来とも独自の核兵器を持たないのなら、それに対する〈保険〉を考えなければいけない。この考えは当然でしょう。
 「平和憲法9条があれば安泰」などという子供じみた妄想というか、反日分子に焚きつけられたメルヘンを語っている時期ではないのです。第2次大戦時に日本と3国同盟を締結したドイツ、イタリアはどうしているか、その実態を見ましょう。

 北大西洋条約機構(NATO)という組織があります。共産主義勢力に対抗する目的で、アメリカ・カナダ、および西ヨーロッパ諸国が結成した集団安全保障機構です。ここに加盟している1ヵ国に対してでもどこかが攻撃した場合は、NATO加盟国全体への攻撃として共同で対処する。
 個々の国家は核兵器を保有していないが、NATOが核兵器を行使する際、独自の核兵器をもたない加盟国が計画に参加すること、および、特に、加盟国が自国内において核兵器を使用するために自国の軍隊を提供することが含まれている。

 これはNS(ニュークリア・シェアリング)方式といって、NATOの3ヵ国(米、英、仏)の核保有国の中でも、アメリカだけが核兵器を提供でき、核兵器はアメリカの監視下に置かれているという。
 NSの参加国は、核兵器に関する政策に対して決定力をもち、核兵器搭載可能な軍用機などの技術・装備を保持し、核兵器を自国領土内に備蓄することもある。
 もちろんこの中には、ドイツ・イタリアも含まれている。彼らは厳重な核の傘の下に保護されているということです。その代り、彼らはその責務も果たさなければならないことは言うまでもありません。

 リベラルを自認する連中は、何かあると「日本はアメリカの核の傘に頼っている」というが、平和憲法を持っていると安穏を保てるなら、尖閣海域へ連日領海侵犯してくる中国公船は何か。中国の日本領空侵犯をどう考えるのでしょうか。
 かつての日独伊3国同盟の独伊両国は、NATOに加盟しNS方式の核の傘に守られている。この現実を考えてください。平和憲法で、などという言葉がいかに空虚かわかるというものです。

 それでは核を持たない日本の防衛はどうすればいいか。日米同盟をさらに強固にする以外に方法がありますか。それ以外にあるとすれば「独自核」を持つということです。よくよく考えていただきたい問題です。

教駒の懇親会が新宿南口で、恩師・同期の友との心温まる交遊会

 11日正午から、新宿駅南口にある小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの21階バンケットルームで、教駒8期生懇親会が行われました。以前は東京教育大学付属駒場高等学校でしたが、東教大が大学改革で筑波大になったのを機に、筑波大学付属駒場高等学校と改称されました。

 現在、名簿上も筑波大学付属駒場高等学校となっており、学校で発行する卒業証明書も同様なのですが、当時の卒業生は以前の呼び方に愛着があるのか、現在も筑駒ではなく教駒と呼んでいます。
 この日の参加者は、正確には確認していないのですが40名前後だったでしょうか。同期は百数十名だったと思います。あと1、2年で卒業以来60年です。鬼籍に入った友も32名と聞きましたので、よく集まっているのではないでしょうか。

 私の恩師、石田城之助先生は今年米寿を迎えられたのですが、なお矍鑠として同期会には参加してくださいます。先生は毎日酒を欠かすことはないそうです。同期会(懇親会)に出席されたときも、食べ物にはほとんど箸を着けず酒をたしなんでおられた。
 世田谷区の自宅から、時には西池袋の東京芸術劇場までコンサートを楽しみに足を運ばれるようです。駒8旅行会という有志による会があるのですが、ここ何年かはその旅行会にも1泊で参加しておられるらしい(私はあんまり熱心ではありませんので、詳しくは知りません)。

 この日、懇親会の後は午後3時から2次会。ホテルの2階にある韓国料理店です。もちろん先生も出席されました。日本酒だけではなく、勧められるままいろんな酒を召し上がっていました。昼から飲み続けていたので散会になったのが何時だったか、実は私も覚えておりません。
 ただ、先生が帰られる時、誰かが「ご自宅まで送っていく」というのを聞いて、安心した記憶があります。

 恥ずかしながら、しょうがない酔っ払いです。ご報告にもならない駄文で失礼しました。写真もできが悪く数も少ないのですが、何枚か掲載します。よろしく。


同期会6
小田急ホテルセンチュリーサザンタワー、この21階で懇親会
が開催された

同期会1
高校の恩師、石田先生。なんともお元気な88歳です

同期会5

同期会4

北朝鮮は在韓米軍を撤退させた後、武力で朝鮮統一を目指すか

 最近、韓国へ亡命した北朝鮮高官の話、ということで某テレビ局で放送していた。
 「北朝鮮は核弾頭を搭載したICBMの射程内にアメリカが入ったとき、アメリカとの2ヵ国協議・交渉に応じる方針だ。その内容は、在韓米軍の撤退が前提となるのではないか」
 およそこんな要旨だったと思います。

 米軍撤退のあと、北朝鮮が目指すところはなにか。北が主導する南北朝鮮の統一であることは、私でも容易に予想できます。
 これまで韓国が統一を声高に謳ってきたが、北がそれに応じることはあり得ないと思っていた。親北の文在寅氏が大統領になって、北朝鮮に美味しいと思わすような言辞を投げかけても一顧だにしなかった。それはどうしてか。
 韓国大統領は国民の選挙によって決まります。一方、北朝鮮の指導者は世襲です。金日成から正日、正恩と3代続いてきた。正恩の代になって、つい先般も異母兄の金正男がVX毒ガスで殺害されるという事件があった。将来、自分の地位を脅かす可能性を前もって排除しようとした、金正恩の仕業だというのが大方の見方です。

 韓国主導の統一なら、金王朝の世襲は間違いなく否定されるでしょう。完全に南北が併合した上で総選挙ができるならいい。それができなければ、時が熟すまでの暫定案として、統一前の南北朝鮮の一方から大統領を出し、もう一方から副大統領(あるいは首相)を出す。そんな折衷案ぐらいしか思いつかない。しかしこんな方法は、とうてい金正恩の呑めるところではないでしょう。
 よって、なにがなんでも北朝鮮が主導する統一を目指し、武力をもって韓国を併呑する形にもっていかなければならない。そのためには米韓同盟を解消させる。米軍を介入させなければ、核兵器を保有する北朝鮮が韓国に負けるわけがない、というのが北の言い分だと思える。

 アメリカが韓国にサード(THAAD)を配備することに中国は猛反対している。これは防衛用の迎撃システムです。韓国に配備されたら、中国のミサイル発射を初期段階で探知され迎撃、破壊されてしまうので大騒ぎをしているのです。しかしすでに6基設置された。
 当然北朝鮮も反対です。自分たちの攻撃的、侵略的な戦術が丸見えになってしまう。THAADともども米軍を撤退させた場合、朝鮮半島ではさっそく北による南への進撃が始まるのではないか。朝鮮戦争は北にはソ連が、南にはアメリカがついて戦ったが、現在は休戦状態です。終戦には至っていない。半島から米軍が撤退すると、北の進撃が始まるのではないか。
 
 たとえアメリカが非難しても、北朝鮮は「内政に干渉しないでもらいたい」という方針で貫くでしょう。
 朝鮮半島で戦端が開かれた場合、米軍隊(家族、軍属も含む)が駐留していなければ、アメリカがわざわざ韓国まで出かけて血を流して戦うことはしないと思われる。なによりアメリカが開戦するときは、連邦議会の承認を得なければならない。緊急のときは大統領の判断で行えるが、あとで議会に可否を委ねなければいけないのです。
 しかし、これは日本にも言えることですよ。
 トランプ大統領が日本を守るといってくれるのはありがたいが、一朝有事に米軍が駆けつけるためには、連邦議会の議決が必要なのです。果たして議会が支持するでしょうか。

 いずれにしても長年「対話」「対話」といっているうちに、北はその裏でミサイル、核兵器の開発に努め、今や間違いなく世界の脅威となってしまった。対話を連発していると時間稼ぎさせて、核兵器・ミサイルの開発をさらに加速させるだけだ。その実態を、日本人も韓国人もよく理解しなければいけないのです。

韓国が米大統領晩餐会に元慰安婦を、一昨年の「合意」を一方的に破棄か?

 トランプ米大統領は訪日スケジュールを終え7日、第2の訪問国韓国へ向かいました。韓国は1泊だけですから、昨日からは中国でしょう。日本の歓迎ムードとは違い、韓国では歓迎の声がある一方、トランプ大統領の施策に反対するおよそ100団体の反トランプ・デモもあった。

 ところで問題にするべきは、トランプ大統領出席の晩餐会に元慰安婦の老婆を招待したこと。さらに「日本が虚偽の領有権を主張する独島(ドクト、日本名は竹島で島根県に属する)について、アメリカに韓国の意思をアピ-ルするものだ」として食材に独島エビ(と銘打ったエビ)をわざわざ使用したことである。
 この事実を知った報道陣が、7日午後の記者会見において質問。菅義偉官房長官が大要次のように語った。

「外国が他国の要人をどのようにもてなすかはコメントを控えるが、どうかとは思う。そのうえで言えば、北朝鮮への対応について日米韓の連携が求められ、トランプ大統領が日韓を最初の訪問国として選んでいるのに、日米韓の動きに悪影響を及ぼすことは控えるべきだ」
「いずれにしろ一昨年の合意は、慰安婦問題で最終的、不可逆的な解決方法について日韓両国で確認したものであり、国際社会は高く評価した。この合意が着実に実施されることが重要であり、韓国側に対しあらゆる機会に合意の着実な実行を呼びかけていきたい」(以上、要旨)

 慰安婦問題はそもそも韓国の捏造。しかし先方の要求に応じて、一昨年それなりの金銭も払い、「最終的、不可逆的な合意」で決着した問題です。また竹島(独島)は歴史的にみて明らかなとおり、日本固有の領土です。
 百歩譲って韓国の言い分も聞くとしても、決着がついていない問題(慰安婦問題は決着ずみ)であればなおさら、対北朝鮮問題で日米韓3ヵ国の結束を図ろうという大事な時に、晩餐会で一方的に出してくることではないだろう。

 韓国の歴代大統領で、最初から反日を強く打ち出したのは朴槿恵ぐらいで、ほとんどが支持率低迷にあえぐ中盤以降に日本たたきを始める。「反日は支持率アップのカンフル注射」とでも思っているようだ。
 これは韓国の「悪い癖」で、日本がそれほど気にする問題ではないかもしれない。しかし無礼極まる遣り口であることは間違いない。

 いつも言うことですが、こんな韓国には「国交断絶も辞さない」決意で臨まなければ、今後とも三の矢、四の矢と限りなく継いでくるのではないか。
 慰安婦問題は一昨年の合意が最後。「それ以上問題を蒸し返すことには一切耳を貸さない。さらにこれ以上無体な行動をとるなら、慰安婦問題が捏造であることを、事実をもとに全世界に発信する」と釘を刺すべきでしょう。

 今回も出てきた韓国の竹島占拠とそれに続く実効支配。日本はかつて何度か国際司法裁判所の判断を求めようとしたが、韓国が同意しないため実現に至らなかった。司法裁判所に判断を委ねれば、日本領土となることが目に見えているからでしょう。
 ところで仲裁裁判所は、相手国の同意は必要ないのですね。先般、中国とフィリピンの領土問題でフィリピン領との結論が出た。強制力はないというが、このまま韓国にやりたい放題をさせるよりよっぽどいい。なんとしても仲裁裁に提訴してもらいたい。政府は腹を固めてもらいたいものだ。

都営地下鉄を2階建てに? ユリノミクスは実現不可能な政策だ!

 (前回のつづき)
 「ユリノミクス」という呼称も不可解ですね。自らこんな名を冠するとは何でしょう。小池氏は語っている。
 「これまでのアベノミクスに代わるというか、加えてと言ったほうが正しいかもしれないが、マクロ経済にもっと人々の気持ちを盛り込んだ『ユリノミクス』とでも称する政策を入れ込んでいきたいと思います」
 なんだ、アベノミクスに一部分を付けたしただけか。ユリノミクスなどと新しく命名するほどのものではないだろう。

 アベノミクスは日経新聞が名付けたものではありませんでしたか。今回、その大部分をアベノミクスから借用し、それに一部を付け加えただけで、恥ずかしげもなくユリノミクスなどと名付けたようです。だれかが命名を勧めたわけでもないのでしょう。ひどいナルシストと思えてならない、しかも趣味が悪い。

 そのユリノミクスとかの一環ということで、「12のゼロを目指したい」と以下の政策を掲げている。

  1.原発ゼロ               
  2.隠ぺいゼロ         
  3.企業団体献金ゼロ
  4.待機児童ゼロ         
  5.受動喫煙ゼロ
  6.満員電車ゼロ
  7.ペット殺処分ゼロ
  8.フードロスゼロ
  9.ブラック企業ゼロ
  10.花粉症ゼロ
  11.移動困難者ゼロ
  12.電柱ゼロ

 「希望の党」の政策集には、生活に最低限必要なお金を国民全員に給付する「ベーシックインカムの導入」も明記したという。大風呂敷を広げるのはいいが、財源はどうする。大企業の内部留保への課税なども掲げられた。内部留保は利益から法人税を払ったものを貯めているわけですから、ここへ課税することは二重課税になるという問題が生じる。こんなことをしていたら、大企業は海外へ拠点を移しますよ。

 「12のゼロ」のうち、例えば「満員電車ゼロ」について述べてみましょう。これは都知事選のときも掲げた政策です。どうやって満員電車ゼロにするかといえば、「電車を2階建てにする」というのです。なんとも子供じみた考えですね。
 都知事選のときも公約に挙げたわけですから、これについて述べてみます。東京都が運営する電車といえば都営地下鉄です。浅草線・三田線・新宿線・大江戸線の4路線があります。2階建てにするにはトンネルを掘り直さなければならない。当然でしょう。

 ところが関係者によると、方針・計画を確定するだけで30年かかるそうです。実現はさらに何十年も後でしょう。ユリノミクスの言葉だけを定着させればいいということか。実現には何十年かかってもいい、夢幻(ゆめまぼろし)でもいいという意味なのか。
 しかも、そのころは少子化の影響と、フレックスタイム制やパソコンを活用した在宅雇用・在宅就業の拡張で、満員電車は「昔話」になっている可能性もある。こんな政策を掲げるということは、国家について真剣に考えていない証拠でしょう。

 そんなことより「私がかき回してすみませんでした」と、豊洲への市場移転を早く実行し、オリンピック開催に全魂を込めるべきだ。全世界の注目が集まっているのです。
 小池さん。あなたは立派にやり遂げると約束をした、その責任があるのですよ。(おわり)
プロフィール

村 岡 長 治

Author:村 岡 長 治
出自:兵庫県姫路市
現在:埼玉県富士見市
仕事:特定社会保険労務士、行政書士

筑波大学付属駒場高等学校卒業後、早稲田大学理工学部に学ぶが、家業を継ぐため学業途上で帰郷。
現在、川越・ふじみ野・富士見方面で、社会保険労務士・行政書士業をやっています。

「村岡労務行政事務所」のホームページもご覧ください。

両士業の支部内で、勉強会などを持てるといいと思っています。信頼できる同志との連携を深めたい。

お客様とは互いに信頼でき、長続きする関係を築いて行きたい。

趣味は酒、旅行、絵画・音楽・書の鑑賞など。子供たちも独立して、いまは夫婦2人です。

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR